ごまのはぐさのこまごまことのは

身近な野草についてあれこれと・・・。 日本の山野草を種子から育ててみませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトギリソウ

オトギリソウ

オトギリソウ(弟切草) オトギリソウ科オトギリソウ属の多年草。高さ10~50cm 花の大きさは1~0.5cm 茎は叢生して直立し上部で少し分枝します。山野の日当たりの良い草地・道端などに普通に見られます。
 
 かつては平地でも沢山見られたようですが、最近ではあまり馴染みのない花になってしまったかもしれません。一昔前にゲームで『弟切草』というのがあったそうで、名前だけはご存知という方は結構おられるようです。
 ところで上の花と実の画像を見てどこかで見覚えがあると思う方は少なくないと思います。最近切花や庭木としてよく流通しているヒペリカムやキンシバイ・ビヨウヤナギはみな木になりますが、オトギリソウ属で近い親戚なので花や果実も似かよっています。

オトギリソウ 花
 花の大きさは約1cm、一日花であることはオトギリソウ属の共通した特徴です。花期は8月から9月とこの仲間では遅い部類です。長い多数のおしべと3本に分かれためしべが目立ちます。
【“オトギリソウ”の続きを読む】

テーマ:野草の写真 - ジャンル:写真

ままこな 飯こ菜? ゴマノハグサ科

article117[1].jpg

 山の尾根筋の斜面などでよく群生しています。高さは大きくて30cmくらい、一本の真っ直ぐな茎から木のように枝を広げます。長さ2cmほどの花は、深海魚を連想させます。
 野草に興味を持ち始めて、ごく簡単なポケット図鑑だけを頼りにしていた頃、この植物をシソ科のタツナミソウの仲間だと思っていました。タツナミソウの名の由来「群生して咲く様子が波を連想させる」というように、まるで打ち寄せる波にのように夏に一斉に開花して斜面をピンクに染めていましたので・・・。ママコナは同じゴマノハグサ科のコシオガマのように粘り気があり、触るとすぐに分かります。

 ママコナという名の由来には、二説あります。一つは舌状花の下唇弁の白い二つのポッチリをお米に擬えたというものです。
 
 もう一つは、未熟な種子がお米にそっくりだからです。きれいな乳白色で、玄米ではなく精米後の白米です。
 私はどちらかというと後者が説得力があるように思いますが、「菜」というのは分かりません。硬くてもさもさして、嵩も低くてとても食べられるようには見えません。ですが肝心なのはやはり味ですので今年は試食してみます。

 コシオガマ同様半寄生植物と呼ばれますが、崩落地のようなところでも見られ、単独で生きているようにも見えます。寄生した相手を枯らしてしまうのでしょうか。この仲間が他の植物に「寄生」する意義については、同じく半寄生植物のタチココゴメグサを紹介する際にあらためて考察してみようと思います。

 栽培は可能なようですが、私は試したことがありません。イネ科の根に寄生するという話を聞いたことがありますので、ススキなどの株元に種子を蒔くといいかもしれません。寄生させなくても育って花も咲くそうですが、あまり大きくはならないそうです。水枯れさせると回復しないので、水遣りに注意します。
 花の美しい植物ですので、育ててみたいものです。各地で急速に数を減らしているとのことですので、栽培法の確立は保護にも役立ちます。
 水揚げが悪く切花に向かないのが残念です。

あけぼのそう 曙草 リンドウ科

あけぼのそう

 アケボノソウの花の精緻な美しさは、言葉では表しきれないものがあります。この名前は、花の浅黄色に白い絹布を被せたような色合いを、しらじら明けのあけぼのの空の色に例えたとのことです。そして黄色の蜜線を星、黒い(深緑色)斑点はまだ明けきらぬ夜の闇でしょうか。一片の花弁の上に抽象化されて再構成された朝の景色の一齣です。
 この花の名は古くからのものか、比較的新しいものかわかりませんが、名付け親は自由な発想の持ち主だったようです。この花の美しさが見るものの感覚を研ぎ澄まさせたということもあるでしょう。

 草丈は大きいものでは1mを超え、枝分かれした頂端に大きさ1~2cmの花を上向きに次々に咲かせます。アケボノソウは山の湿地などでは珍しいものではありませんが、生える環境が人の近づき難いことと、全体として人目を惹く色味に欠けるため茂みに溶け込んでしまい、見過ごされれることが多いようです。
 初秋に咲き始め、花が終わると花弁は散らずに雌しべを覆うように閉じて、次第に緑色に変わります。閉じた花弁が茶色く枯れる頃、子房が膨らんで先を覗かせます。(このころ中に詰まった黒い種子が透けて見えるのも、味のあるものです。)やがて晩秋の初霜の降りる頃、子房の先が二つに割れてたくさんの種子がこぼれ落ちます。
 越年草で春の芽出しから開花までの数年は、ロゼットで過ごします。この頃の姿がオオバコにそっくりです。おんたけの庭にアケボノソウのロゼットが沢山あったのを、オオバコと間違えて片っ端から毟っていたことがありました。それで「うちのすぐ傍の空き地にはアケボノソウが沢山咲くのになんでうちにはないんやろう」て・・・。

 この野草はセンブリの仲間ですので育て方も準じますが、水枯れに弱い、少し暑さに弱いということで丁寧な管理が必要になるかもしれません。
 センブリ・リンドウの仲間の栽培といえば『春ちゃん』の専門分野ですので、リンク先の「和歌山・紀南地方の山野草」ではアケボノソウも採りあげられていますので、参照されることをお勧めします。
 大変水揚げがよく花持ちも良いので、鉢で育てて切花にされることをお勧めします。和洋どちらの扱いでもよく映えます。ただしあまり暗い所では花を閉じるので注意が必要です。
 野草は自然の中で見るのが最も美しいという人がいますが、そうとは限りません。視点を変えて新たな魅力を見出すこともまた、花を愛し親しむ一つの方法です。
 必ず花をいくつか残して、来年の分の種子を確保しましょう。

テーマ:野草の写真 - ジャンル:写真

さらしなしょうま 晒し菜升麻 キンポウゲ科

 新芽が強く臭います。カメムシとタイヤを足したような臭いです。
 毒草だが水で晒て毒抜きして食べたのでサラシナショウマといわれるそうですが、毒以前にこの臭いを抜く必要があったのではないでしょうか。わざわざ手間をかけてまで食べたのは、臭みも味の一つに数えたののか・・・。でもカメムシ系は慣れると癖になるかも、と思うのは私だけでしょうか?

 草丈があり大きな白い花穂が見ごたえがあるので、冷涼な地方では庭に植えられるようです。
 関西では伊吹山のツアーパンフレットの写真なんかでお馴染みの花です。伊吹山は花が多いので有名な山ですが観光客も多いらしいので、私は行ったことがありません。写真で見ると草原でサラシナショウマの大群生が人の背丈ほどに花穂を高く抜きん出て、素晴らしい眺めです。
 おんたけではどうかというと、伊吹山の写真そっくりの谷間の草原があって、お盆の頃にサラシナショウマが満開になって壮観なのですが、この数年間で私たち以外の人と出会ったことは一度しかありません。
 寂しいなーとも思いますが、人が大勢来ると恐ろしいことにならへんかなあ・・・と心配が先にたちます。


 
 標高の高い所では日当たりの良い草原に生えますが、下ると暑がりなのか谷地のような所を好みます。
 この白い花の美しさは、ほの暗い森の木陰や黄昏時に出会った時のほうが一層映えて美しく見えます。
 花には盛んに花蜂が訪れ、壊れやすい花は虫がとまるたびにぱらぱらと散っていきます。
 水揚げがよく切花に向きますが、紫がかった蕾の枝を使うと、順に咲き上がって長く楽しめます。花が散った後の姿も楽しみましょう。

うめばちそう 梅鉢草 ユキノシタ科

うめばち

 雪のように白い花弁とエメラルドグリーンの留め具のような蜜線が美しい。おんたけの高原には路傍にもところどころ群生していて、見とれた運転手が側溝に車を脱輪させたことがありました。
 梅鉢紋に本当にそっくりですが、自然の造形のほうが上をいっているようです。秋に地際から細い茎を伸ばします。光沢のある一枚の丸い葉を突き抜けて、さらに上へと伸びて、高さ15cmを超えてその先に3?の花が咲きます。秋風にゆらゆら揺れて誘われて、ついつい道を踏み外します。

 おんたけのとある所では草はらや道端で普通に見られます。ただしどんな所でもあるということでなく、水はけの良い酸性土壌を好む傾向があるかも知れません。
 自然での生育期間は短く、花に比して葉の部分が貧弱で、共生菌がいるのかな?とも思いますが、書籍等での言及はみたことがありません。
 殆ど隙間なく隣接した二つの土手で、片方にはウメバチソウが群生し、片方にはセンボンヤリという草がびっしりという場所があります。外見上は二つの土手の環境には変わりがないようなのに、どうしてそんなことになるのでしょうか。

 最も美しい野草の一つに数えられ、栽培株が出回りますが野に咲くものと比べると、どうしても見劣りがします。こればかりは本当の魅力を知りたければ、『やはり野に置け』のタイプの野草だと思います。
 しかし美しい花を手元で育てたくなるのは、どうしようもない人間の性です。育てて見たいという方は、種子を入手して一から育てるのが環境に順化して最も簡単なようです。園芸店で入手しても環境の変化に敏感なウメバチソウは、なかなか元気に育ってくれません。ましてや山から掘り取るなど論外でしょう。

 秋になるとウメバチソウの咲く草はらでは、土ごとえぐられた大きな穴がいくつも見つかります。人の性とは言え、やるせなくて出るのはため息ばかりです。
 しかし多くの場所では人間による刈り込みが行われないと、カヤ等との競争に敗れて姿を消していきます。
 人と自然の関係は複雑に絡みあっています

こしおがま 小塩釜 ゴマノハグサ科


 
 キュッと口を結んだ蕾がなんともおかしい。花が開くと、雛が親鳥におねだりしているように見えて愛らしい。粘毛の密生した葉は光を浴びるときらめきます。
 
 おんたけでコシオガマと初めて出会ったのは、4年前の晩秋に村道を歩いていた時でした。路傍のゆるい斜面の短く刈られた芝の中に、小さな草が一本だけ抜きでて、鮮やかなピンクの花を咲かせていました。花が可愛いので意識して残されたのか、草刈後に育ったのか・・・。その斜面は今はコンクリートでしっかりと固められています。
 翌年おんたけの麓の別の小さな空き地で、ヨモギやカヤの生い茂る中でコシオガマが群れ咲いて、草はら全体が茜色に染まっているのに出会いました。素晴らしい眺めに秋が来るたびに通っていたのですが、昨年訪れるとコスモス畑になっていました。
 
 コシオガマは半寄生植物といわれます。地上部では緑の葉で光合成を行いつつ、地下では他の植物の根に寄生して水や養分を横取りするというのです。
 草丈の割りに根の発達が悪いので、寄生の件はいかにもありえそうですが、私はシオガマギク同様に寄生が生育のための絶対条件ではないと思っています。
 一昨年の春に駄目元でルリハコベの鉢植えに種子を蒔いてみると非常に良く発芽して、そのうち5株が順調に成長、ルリハコベ枯死後も成長を続け、全株開花し種子も沢山採れました。このことから、寄生するとしても生育の全期間にわたって寄主に依存する必要はないのではないでしょうか。去年は試しに種子からポット栽培したところ貧弱ながら蕾をだしたものもありましたが、台風のもたらした塩害で全滅してしまいました。

 ところで先に書いた通り、私が知る自生地が消滅してしまい、また我が家のものも全滅と、途方にくれていたのですが、以前種子を里子に引き取っていただいたMIWA@岡山さんが、上手に育てていただいていて、本当に助かりました。今後はしっかり管理して、近い将来に野に返せるように増殖を図ろうと考えています。

 昨年の晩秋にコスモス畑を探すと、すみっこでほんの小さなコシオガマが一本だけ種子をつけていました。なんとか来年も芽を出して、生き延びてくれるでしょうか。一年草ですので、休眠種子も土中に残っていると思うのですが…。
                                   画像提供 MIWA@岡山

しおがまぎく 塩釜菊 ゴマノハグサ科

  
 山の草原に咲くシオガマギクの美しさは、写真では半分も伝わりません。またさっと見て通り過ぎるような見方でも、魅力は掴み切れないと思います。
 花は山に咲く花の中で最も濃く鮮やかな紅紫色ですが、エナメルのような光沢があるため、写真では色がとんでしまいます。葉の表面に密生している透明の細かい毛がプリズムのような働きをするのか、角度によって葉の色が微妙に変化します。とても美しく味わい深いのですが、これも写真で再現するのは無理な話です。
 この植物は花のみならず菊に似た「葉まで」趣き深いことから、「浜で」趣き深い塩釜を洒落てシオガマギクと名づけられたそうです。たしかに葉まで美しいのは納得がいきます。でも趣深い塩釜ってなんでしょう?

 塩釜というのは塩を作るために海水を煮詰めるための釜ですね。釜というと普通は五右衛門風呂のような物が想像されます。そんなものが趣き深いと言われても、ピンと来ない人がほとんどだと思います。
 しかし明治以前の塩釜の様子を調べてみると、どうやら糸口が見えてきます。昔の塩釜は粘土造りで、今のプールぐらいの大きさの巨大なものだったそうです。そこに海水を注いで大量の葦や茅を炊いて煮詰めていたらしいのです。
 さんさんと太陽が降り注ぐ浜辺。轟々と燃え立つ炎、大量に湧き上がる白煙が青空目がけて立ち昇ります。巨大な塩釜では海水が煮えたぎり、放射される熱で辺りの空気はかげろうのようにたなびいたことでしょう。塩田で働く人夫は日に焼けて真っ黒、着物は白く塩をふいています。波の音に混じって人夫の歌や掛け声が聞こえたかも知れません。想像を膨らませると、塩釜は趣きのある風物であったように思います。

 シオガマギクは他の植物の根に寄生する半寄生植物だと言われます。ですが私が観察した限りでは、単独で生きていけるように見えます。庭にあったのを移植しても普通に育っていますし、裸地のような所でも生えてきて花を付けています。
 
 栽培は、暖地では難しいかも知れませんが、冷涼な地方では可能だと思います。以前大阪で種子を蒔いたときには良く発芽して、本葉6枚位まで成長したのですが、夏に腐らせました。冷涼な自生地では発芽から2年で開花した固体を観察しました。
 各地で自生地が消滅しつつある現在、栽培法を確立することも大事だと思います。

 ところでhanaboroさんの記事で知ったのですが、日本に自生のシオガマギクは、DNAレベルではさらに9種類に細分化できるそうです。これからは、遺伝子レベルでの種の独自性への配慮も必要になりますね。

くさぼたん 草牡丹 キンポウゲ科

article101[1].jpg

 夏から秋に信州の山間で車を走らせていると、草の茂った車道の法面に青い花が混じっているに気が付きます。人間の目は青い色に敏感なのか、ほんの小さな花でも不思議と目に入って残像が残ります。
 路傍に咲く青い花は幾種類もありますが、信州の路傍で最も目に付く青い花はこのクサボタンではないでしょうか。生育範囲が広いこともありますが、しばしば群生してそれぞれが小さな花を沢山咲かせて、法面の一角を淡い水色に染めています。
 
 丈は1mくらいになり、牡丹に似た形の照り葉をつけます。草と付きますが茎は木質化します。蔓にはなりませんがセンニンソウ属といって、テッセンやボタンヅルの仲間です。見た目の印象は隔たっていますが、ボタンヅルとクサボタンには自然交雑種のムラサキボタンヅルがごく稀に見られるそうです。
花は開くとカールします。
 長さ1cmの花弁(正式には萼片)には細毛が密生していて独特の風合いをかもし出します。織物のようにやわらかそうで、つい触りたくなります。色の濃淡には変異が多く、白に近いもの、青紫、赤みが強くピンクに近いものもあります。花後にはセンニンソウ属の名の由来である、銀髪を思わせる種子が風になびきます。
 
 おとなしい印象ながら、花も実も葉の照りも趣き深い野草ですが、傷つけると有毒の黄色い乳液を出すのが玉に瑕です。乳液が管を塞ぐためか水揚げが悪く切花に向かないのも残念です。
 間近で楽しむには鉢植えか、地植えで育てます。 種子からの栽培が簡単らしいのですが、私は嫌われているのか何度やっても失敗します。根を切られるのを好まないのでしょうか、工事現場から貰ってきたものも根付いてくれませんでした。
 一番良い方法は種子から育てることですが、最近はホームセンターでも数百円で苗が売っています。山から掘り取るより余程安上がりです。
 ムラサキボタンヅル引用 青森の・自然八甲田の四季 種子引用花図鑑のボロボロブログ 

レモンえごま 檸檬荏胡麻 シソ科

 韓国料理では「ゴマの葉」という食材がよく登場します。見た目はオオバシソ(アオジソ)に似ていますが、葉のふちのギザギザが細かくすんなりしています。キムチにしたり、プルコギや焼肉を包んだり、海苔のようにおにぎりを巻いたりもします。程よい苦味があって柑橘系の香りが爽やかなおいしい野菜です。「韓国の人は葉っぱまで食べるやなんて、ほんまゴマ好きやなー」と思っていました。でもこれが調べてみると「胡麻」の葉とは全く似てもいない、よく分からない食材なのでした。
 
 では何の葉っぱなんでしょうか?私のような疑問をもつ人は他にもいるようで、本を読むと実はエゴマの葉だという説明が見られます。確かに見た目はそっくりです。でもエゴマの葉はとっても臭いらしいので、違うんじゃないでしょうか。
 私はその正体は、レモンエゴマというシソ科の野草か、それに極めて近い変種ではないかと考えています。レモンエゴマとは葉にレモンのような香りのするエゴマに似た植物だそうです。日本の各地でも普通に自生していて、昔はよく食べられたそうです。因みにオオバシソはレモンエゴマから作られたらしいです(アカシソは外来種です)。

 
 以上知ったようなことを書いてきましたが、実は私はエゴマもレモンエゴマも食べたことがありませんので、全く推量の域を出ていません。画像は木曽の路傍で紅葉していたのを偶然見つけたものです。群生しているならともかく、一株しか見つからなかったので、試食はできませんでした。ところによっては雑草扱いらしいのですが、縁がなくなかなか出会えません。
 
 生の「ゴマの葉」はスーパー等で見ると、結構ええ値段がしています。正体がレモンエゴマだとすると、種を蒔けばうちで育てて気軽に食べられるんやないかなー、と目論んでいる今日この頃です。
 種子や情報をお持ちの方はいらっしゃいませんでしょうかm(__)m。

やまのこぎり 山鋸 キク科

 ハーブやワイルドフラワーでお馴染みの花色豊かなアキレア・ヤロウ等はまとめてセイヨウノコギリソウと呼ばれます。セイヨウと付くからには、日本にもノコギリソウが自生しています。 日本のノコギリソウは色は白一色ですが、清楚な美しさは西洋種に決して引けを取りません。香りに至っては、変な異臭の混ざる西洋種と比べて、爽やかで心地良いものです。(上はヤマノコギリの画像)


ノコギリソウの花

 おんたけの高原ではその変種のヤマノコギリでが見られます。小さいとはいえ径8mmはある花を密に付けるノコギリソウに対して、草丈1mの茎の上部にに径5?の花を疎らに控えめに咲かせます。ノコギリソウと並べるとかなーり地味です。日当たりの良い湿地や湿った草原に生えて、春の芽出しの頃にはギザギザの櫛のような葉で目に付きますが、花の頃には他の草に埋もれてまるで目立ちません。
 私は晩夏にひっそりと咲くこの花を見つけると、さびしげでしんみり長いこと眺めてしまいます。もっとも虫は盛んに訪れていますので、人間の目には目立たなくても我関せずでしょう。

 最近はどこの野山でも園芸・緑化用から野生化したセイヨウノコギリソウが見られるようになりました。一度根付くと四方に細い地下茎を張り巡らせて爆発的に増殖し、これからますます日本中を席捲しそうです。
 反対に日本のノコギリソウの仲間は湿地や草原の開発で衰退の一途を辿っています。かつての図鑑には山野にごく普通の野草と紹介されていたのですが・・・。

 晩秋に長さ2?ほどの種子(痩果)を実らせます。採り播きでも春蒔きでも良く発芽します。栽培は簡単で、ノコギリソウは発芽当年に開花するそうです。ヤマノコギリは開花まで2,3年かかります。挿し芽で簡単に増やせます。
 この野草を干したものを煎じて毎日飲むと、ボケ封じになるらしいです。私には手遅れかもしれませんが、我が家では現在せっせと増やしています。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。