ごまのはぐさのこまごまことのは

身近な野草についてあれこれと・・・。 日本の山野草を種子から育ててみませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なずな 薺 アブラナ科

article161[1].jpg

 私は最近韓国居酒屋がお気に入りで、足繁く通っています。世界一健康に良いお酒「マッコリ」が美味しくてもうすっかり病みつきなんです。でも私の一番のお目当ては本場風「ナムル」。通うたびに様々な野菜・山菜がナムルになって出てきて楽しいんです。セリやごまのは、ゆり(カンゾウ)の花、サルナシの茎、そしてつい先日はナズナのナムルがテーブルに並びました。へーっと思って店の方に聞いてみると、韓国では普通に食べているそうです。なんとラーメンに入れて食べたりもするとか。さすが「薬食同源」の国です。
 それでそのナズナの味はといいますと、これがなかなかに美味しいものなのでした。癖がなくて、ほんのり草と土の味がして歯ざわりはシャキシャキ。食べ易くて野菜嫌いの人にむしろお勧めって感じです。

 ナズナは春の七種の一つですが、この七種の習慣はもともと大陸から朝鮮半島を経て齎(もたら)されたものだそうです。ナズナの名も朝鮮語起源ということです。それどころか史前帰化植物といって、このナズナ自体が太古に野菜として持ち込まれたものらしいのです。だから人里以外ではほとんど見かけません。
 薺(なずな)という漢字見ると私はいつも齎(もたら)すという漢字を思い出します。この雑草の代名詞とも言えるありふれた野の花は、実は遥か海を隔てた人々の、数千年にわたる交流の生きた証でもあったのです。

 数千年の時間を経て、人間の暮らしは変わり続けています。
 花後の実を三味線のバチに見立ててペンペン草という別名は、いつまで生き残ることができるでしょうか。
 耳元で振ってしゃらしゃらと涼しげな音を聞く素朴な遊びを知る子供は、まだいくらかはいるでしょうか。
 でもいつの日かペンペン草だナズナだと呼ぶ人間がこの国からいなくなってしまっても、この丈夫で健気な野の草は、きっと変わらずに小さな白い花を咲かせているんだと思います。かつてはいたニンゲンという生き物の生活の、生きた証として。

ほとけのざ 仏の座 (シソ科)


 せり・なずな ・ごぎょう ・はこべら ・ほとけのざ・すずな ・すずしろ、春の七種 。本日は七種の節句でした。皆さんは七種粥を召し上がりましたか。白粥に散らした若葉の色と、草の香りが好ましく美味しいものです。
 現在はスーパーで「七種セット」を買ってくるのが一般的だと思いますが、我が家でも毎年購入しています。調理する前に、パックを開けてひとつひとつ並べてこれはセリ、これはハコベ・・・と数えていましたら、赤い蕾の付いたシソ科の「ホトケノザ」が出てきました。
 春の七種のほとけのざは、タンポポのロゼットに似た「コオニタビラコ」というキク科の植物とされています。シソ科のホトケノザは有毒で食用に向かないそうです。食の安全について、やたらやかましくなった昨今、毒物を混入するとはいかがなものでしょうか・・・。
123・・・、数えてみると6種類しかありません。ハハコグサ(ごぎょう)が入っていませんでした。これは虚偽表記ということになりますね。出荷した業者には、七種というのは、雑草の寄せ集めという意識しかなかったのでしょうか。
 しかしこれでは五種粥なんで、ちょっと困りました。しかし幸いどちらも我が家で育てていましたので、七種粥には間にあいました。備えあれば憂いなしです(何の備えやねんな)。
 毒というからには刺激的な味がするのか?ということで食べてみました。苦くもなく癖のない味・香りでした。腹痛も今のところありません。花の蜜が甘いので、子供の頃花を吸って遊びました。

 私はどこにでも生えるこの草の花が大好きです。もしこの丈夫な草が存在しなかったら、都会の雑踏はどんなにか味気なかったでしょうか。
 画像は今日の午後大阪市内で撮影してきました。蕾が色づいています。明日から冷え込みが厳しくなるそうですが、霜に当たっても平気でしょうか。
2005-3-24追加

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。