ごまのはぐさのこまごまことのは

身近な野草についてあれこれと・・・。 日本の山野草を種子から育ててみませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種子を蒔いてみましょう。

タチフウロ
発芽2年目に開花したタチフウロ。

 野草の種子からの栽培は、難しいものを除けば難しくありません(当たり前ですが(^^ゞ)。
 今回は私流の種子蒔き方を紹介させていただきます。といっても特別な工夫をしているわけではありませんが、こんなぞんざいなんでもオッケーなんや、と思っていただければ・・・。
タネまき
 まず種子まきに必要な材料を並べてみました。奥の左から播種用土、鉢底土。その手前が鉢底ネット。一番前に左から土を入れるポット、名札、種子となります。
 道具としては、スコップ・ジョウロをご用意ください。

 用土ですが、私は市販のものを使っています。食虫植物やラン科植物などよほど難物でなければ大体これで間に合います。発芽まで年数がかかるものは、無機用土を使いますが、必要な場合は種子を差し上げる前に助言させていただきます。用土についてはもちろんご自分で工夫されるのが良いと思いますが、私がお譲りする野草の場合はさほど神経質になる必要はないと思います。私自身の工夫としては、土に寝腐れ防止剤を混入すると良いように思います。ただし市販の種子蒔き用土で、あまりにきめが細かく軽いものは、水遣りのときに浮いてしまいますので避けてください。

タネまき
 容器はなんでも構いませんが、私はビニールポットを使っています。柔らかくてぺこぺこしますので、2重にしています。小さい容器を使う場合、素焼き鉢は用土が乾きやすいので避けたほうが良いでしょう。
 底の穴をネットで塞ぎ、底が見えなくなるくらいごろ土を入れます。水はけをよくするためです。水はけが悪いと土が傷みやすく、発芽した苗に悪影響が及びがちです。

タネまき
 8分目半くらいまで用土を入れます。用土は水遣りのたびに少しずつ流されて減りますので、ちょっと多めに入れます。

タネまき
 種子をまばらにばら撒きます。「蒔いたでー」というのが分かりやすいように果実の皮も一緒に蒔いていますが、本当はちゃんと取り除くべきです。狭いところに沢山蒔いて、わんさか発芽するとおしくら饅頭になって後で困りますのでご注意ください。
 特に細かい種子は二つ折りにした紙に乗せて、持った手の手首をとんとんしながら蒔くと均等に蒔けます。
 細かい種子の場合は土をかけませんが、通常は種子の直径の1.5から2倍の種子をかぶせます。発芽条件が未知の野草の場合は適当に種子が隠れたり隠れなかったりという状態にするとよいでしょう。種子にはたまに好光性といって、光を浴びないと発芽しないものや、その逆もあります。量に余裕があれば、何度かに分けて時期をずらして蒔くのも良いと思います。

タネまき
 名札を立ててジョウロで静かに水をやります。名札は記憶力に自信があればなくても良いでしょう。水は底から流れだすまでしっかりやります。細かい種子が流されないように、そっと・・・。

 あとは毎日水をやって発芽するまで待ちましょう。置き場所はじめじめ暗くて風通しの悪いところは避けましょう。屋内・温室管理は腐敗しやすくお勧めしません。播種後には普通はよほどカラカラに土を乾かさなければ発芽に影響ありませんが、湿地の植物などは乾かさないように腰水管理しても良いでしょう。種子がものすごく細かいものも腰水がよいでしょう。

 野草の種子は休眠といって、一定条件を満たさないと発芽しないことがあります。多くの場合は一定期間寒気に当たること、つまり冬を越さないと発芽しないのです。また一斉には発芽せず、数週間から数年にかけて少しずつ発芽するものもあります。
 夏から秋に蒔いた種子はすぐに発芽しなくても、翌年初夏までは様子をみてください。
 それでも全く発芽しない場合はごめんなさいm(__)m。

ontake-4-23-050.jpg
 沢山発芽した場合は、早めに植え替えるか混んで葉が擦れ合うくらいになるとどんどん間引きます。上の画像のようになると成長に支障が出るのみならず、互いの根が絡んでいたりで植え替えも間引きも面倒になってしまいます。
 「苗が半作」といいまして、しっかりした苗に育てばあとは場所を選べばほとんど放任でも育ちます。

 などと言っている私自身は、植え替えもせず間引きもせず、なのに健気に花が咲いてくれる野草の逞しさに感動・・・などと言っているのですが・・・・・・m(__)m。

 苗の置き場所や、水遣りの仕方のこつなどはまた近いうちに・・・。

 種まきのとっても詳しくて、楽しいレポートは、ひろりんさんの『はっぱのしずく』をぜひご覧ください。どこまでも繋がって広がる話題はつきそうにありません・・・。勉強になります。
スポンサーサイト

コメント

嬉しいアフターフォロー

ごまのはぐささん こんいちは!

重ね重ねお世話になっております。
今日は涼しくなりましたね。

ご指示の通り今度は鉢底石を敷いてから蒔いてみますね。
特に春蒔きはこの方が良さそうですよね。

> 何度かに分けて時期をずらして蒔くのも良いと思います。
欲張りな私は一斉に蒔いて、テンヤワンヤしてました。
折角、発芽しても移植時に失敗が多くって・・・
春にいただいたタネも大半がこれで失敗していました。

勇気を持って間引くことも必要ですわねぇ・・・反省。

行き届いたアフターフォローが嬉しいロゼットでした。

  • 2005/09/28(水) 14:17:05 |
  • URL |
  • ロゼット #vvsIGHJo
  • [ 編集 ]

ロゼットさん

おはようございます。
もっと早くに書くべきでしたが、
私自身、あまり上手なほうでないので・・・。
ご迷惑お掛けしましたm(__)m。

これからしっかり管理の基本を解説するようにします。
どうか、失敗を勝てにされて頑張ってください!!

  • 2005/09/29(木) 09:12:59 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #-
  • [ 編集 ]

芽が出ました。(嬉)

ルリハコベの芽が出ました。
ミゾコウジュもひとつだけ芽が出ました。
とっても楽しいです。
とにかく嬉しいです。
ルリハコベの双葉がなんとも言えず、かわいい。
むふっ。と、ひとりニコニコしちゃいます。

  • 2005/09/30(金) 10:36:16 |
  • URL |
  • ひろりん #pYrWfDco
  • [ 編集 ]

ひろりんさん

よかったですねー(^^)。
ルリハコベは花も実もかわいいですよー。
沢山」咲くといいですね。

  • 2005/10/01(土) 00:25:31 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #-
  • [ 編集 ]

ブログの記事あれこれ

それと、HPの紹介をさせていただきました。
どうぞよろしくお願いします。(ぺこりん)
不都合がございましたら、なんなりとご連絡くださいませ。

  • 2005/10/02(日) 19:32:47 |
  • URL |
  • ひろりん #pYrWfDco
  • [ 編集 ]

な、なるほど…

メモメモ…。
こぶモンに潰されないようにしなくては!
水やり、忘れそうな自分がコワい!v-40

  • 2005/10/03(月) 02:19:35 |
  • URL |
  • かぶだよし #LWIOhipc
  • [ 編集 ]

ひろりんさん

ご紹介ありがとうございます(^^ゞ。
丁寧なお仕事、師匠と呼ばせてくださいm(__)m。

  • 2005/10/04(火) 08:47:09 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #-
  • [ 編集 ]

かぶだよしさん

水遣りは、重点期間以外は忘れても大丈夫ですよー。
ゆるい花の種子も揃えておきますね(~_~)。

  • 2005/10/04(火) 08:49:29 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomanohagusa.blog10.fc2.com/tb.php/96-0461a05f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。