ごまのはぐさのこまごまことのは

身近な野草についてあれこれと・・・。 日本の山野草を種子から育ててみませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

答辞に代えて奴隷根性の唄        金子光晴
 
 奴隷というものには
 ちょいと気のしれない心理がある。
 じぶんはたえず空腹でいて
 主人の豪華な献立のじまんをする。

 奴隷たちの子孫は代々
 背骨がまがってうまれてくる。
 やつらはいう
 「四つ足で生まれてもしかたがなかった」と。

 というのもやつらの祖先と神さまの
 約束ごとを信じこんでいるからだ。
 主人は、神さまの後裔で
 奴隷は、狩犬の子や孫なのだ。

 だから鎖でつながれても
 靴で蹴られても当然なのだ。
 口笛をきけば、ころころし
 鞭の風には、目をつむって待つ。

 どんな性悪でも、飲んべえでも
 陰口たたくわるものでも
 はらの底では、主人がこわい。
 土下座した根性は立ちあがれぬ。

 くさった根につく
 白い蛆。
 倒れるばかりの
 大木のしたで。

 いまや森のなかを雷鳴が走り
 いなずまが沼地をあかるくするとき
 『鎖を切るんだ。
 自由になるんだ』と叫んでも、

 やつらは、浮かない顔でためらって
 『御主人様のそばをはなれて
 あすからどうして生きてゆくべ。
 第一、申訳のねえこんだ』という。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomanohagusa.blog10.fc2.com/tb.php/83-2d99ed60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。