ごまのはぐさのこまごまことのは

身近な野草についてあれこれと・・・。 日本の山野草を種子から育ててみませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトギリソウ

オトギリソウ

オトギリソウ(弟切草) オトギリソウ科オトギリソウ属の多年草。高さ10~50cm 花の大きさは1~0.5cm 茎は叢生して直立し上部で少し分枝します。山野の日当たりの良い草地・道端などに普通に見られます。
 
 かつては平地でも沢山見られたようですが、最近ではあまり馴染みのない花になってしまったかもしれません。一昔前にゲームで『弟切草』というのがあったそうで、名前だけはご存知という方は結構おられるようです。
 ところで上の花と実の画像を見てどこかで見覚えがあると思う方は少なくないと思います。最近切花や庭木としてよく流通しているヒペリカムやキンシバイ・ビヨウヤナギはみな木になりますが、オトギリソウ属で近い親戚なので花や果実も似かよっています。

オトギリソウ 花
 花の大きさは約1cm、一日花であることはオトギリソウ属の共通した特徴です。花期は8月から9月とこの仲間では遅い部類です。長い多数のおしべと3本に分かれためしべが目立ちます。

オトギリソウ葉 表
 オトギリソウ属は日本に10数種自生しますが、どれも特徴が似ていてなかなか見分けるのが難しいものです。多くの場合は生息地と、葉の形と葉に現れる油点という点々模様を同定の手がかりとします。じつはこの特徴も似ているものが多く慣れないと難しいのですが、オトギリソウに関しては容易に見分けることができます。

オトギリソウ葉 裏
 画像は葉を裏から見たものです。葉は対生して先端に至るほど幅が狭くなる被針形でやや茎を抱きます。先は円くとがりません。表面は蝋を塗ったように水を弾きます。全体に黒点が目立ち、明点と呼ばれる白い点々は見られません。低い山の野原で黒点のみで明点が見られないのはオトギリソウしかありません。
 オトギリソウの仲間に関しては我が家にある他の6種類の記事が揃った時点であらためて比較してみようと思います。 

オトギリソウ花 裏

 オトギリソウの名の由来の話は有名です。秘伝の薬草であったのを他人にもらしたのに怒った兄が、弟を切り殺した時の返り血が葉の黒点になったというのです。
 しかし素直に考えてみて、葉の黒点が決して血痕には見えないと思います。名の由来が納得されたのにはまだ理由がありました。
 黒点というのは実は中に赤紫色の色素がたまっていて、緑の葉を透かして見ると補色の関係で黒く見えるのです。
 オトギリソウは傷に効く薬として、葉をペーストしたものを塗ったのですが、すりつぶしていると緑の葉なのに、中から血を思わせる赤い汁が出てきます。昔の人はさぞかし不思議に思ったことでしょうが、赤い汁の源が黒点であったことは分っていたようで、そのことから黒点は血痕だという伝承となったのです。
 色素は葉よりも花や花の周りに多いので、オトギリソウが身近にある人は試しに花を白い紙に擦り付けてみてください。どんな色に染まるでしょうか?
 
 オトギリソウは伝説になるほど薬功のある薬草として知られ盛んに用いられてきましたが、この黒点に含まれるヒペリシンという色素は強い毒成分として知られています。症状は感光性の皮膚炎症で、紫外線にたいして皮膚がアレルギー症状を起こすようになるのだそうです。そのためアメリカなどではヨーロッパから帰化したセイヨウオトギリソウによる家畜の被害が深刻で、天敵導入による生物駆除まで試みられています。
 日本での禍々しい名前はこの草の、毒にも薬にもなるあやうさを暗示しているのかもしれません。
 
 花は愛らしく秋には葉が美しく紅葉するオトギリソウは、その薀蓄ある名前とあいまって野草として人気があり、よく栽培されます。日当たりで水はけよくすれば栽培はとても簡単です。
 種子は細かいですが採り蒔きで非常によく発芽し、発芽当年に開花するほど成長も早いものです。
スポンサーサイト

テーマ:野草の写真 - ジャンル:写真

コメント

弟切草・・(´・ω・`)

毒性もあるなんて知らなかったです。
ヒペリカムもそのヒペリシンからきてるんでしょうね。
薬草でもあるし、毒もある・・。
益々興味深い草です。
6種類全部揃う日を楽しみにしています。

  • 2005/08/30(火) 15:24:15 |
  • URL |
  • りお #l.UFU0LQ
  • [ 編集 ]

弟切草

●オトギリソウ、あちこちのブログで拝見しているものの、
まだ本物を見る機会ありません。
1センチというとかなり小さいのですね。
ヒペリカムと同じぐらいだと思いこんでいました。
いつか見たいお花のひとつです。
目に焼き付けました。

  • 2005/08/30(火) 19:29:16 |
  • URL |
  • るな #-
  • [ 編集 ]

ゲームしました。(笑)

「弟切草」は、めちゃくちゃ怖いゲームでした~。(涙)
ひぇーーー!となってしまって、ひとりでやるゲームですが、
誰か居ないと、本当に怖いゲームでした。
クリアするまでやっちゃう性質なのですが、怖すぎて、投げ出したかもです。
弟切草=ゲームの私でした。(笑)

  • 2005/08/30(火) 21:37:37 |
  • URL |
  • ひろりん #pYrWfDco
  • [ 編集 ]

りおさん

ヒペリシンですね。。。
こっそり訂正させていただきました(^^ゞ。
ありがとうございますm(__)m。

最後の一種、ミズオトギリは黄色ばかりの中で、
白い花が咲くそうなんで花が咲くのが楽しみです。

  • 2005/08/31(水) 08:38:10 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #-
  • [ 編集 ]

るなさん

山や畑のそばの雑草の代表格だったそうですが、
今は山でも少なくなってきましたね。
ミゾカクシのあった田んぼのあぜを探せばこのミニチュア版の
コケオトギリなら見つかるかもしれませんよ。

もしなければ種子を差し上げますからご遠慮なく!!

  • 2005/08/31(水) 08:41:57 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #-
  • [ 編集 ]

ひろりんさん

そんな恐いゲームだったんですか。。。
やっぱり血しぶきビャーな横溝ちっくなせ界でしょうか?
うーんやってみたいような。。。
でもゲーム機がいるんですよね。

  • 2005/08/31(水) 08:45:13 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #-
  • [ 編集 ]

自生してました

ごまのはぐささん、おはようございます。
昨年晩秋にオトギリソウらしき草をみつけ、種を採取しておきました。
今年になって同じ場所にいったら、オトギリソウらしき花が咲いていました。
ごまさんの記事を見て、帰化したやつかと疑いましたが、白点がなく花弁とガクの裏側にごまさんの写真のように黒点が目立ちます。
というわけで、めでたく自生のオトギリソウというわけで、まいた種も無事発芽。
でも、ここで問題が、すでにその前にいただいていた出所不明のオトギリソウが我が家にはわんさか咲いています。
ウーン、オトギリソウに地域変異は多いのでしょうか?
できれば、自生のものを増やしたかったのですが、今となっては交雑を避けるのは困難なようです。あきらめて、自生の実生株は、自生地にもどすかどうか思案中です。自生地もそれほど個体数は多くないんですよね。ススキの進入が激しくて。
後で、TBさせてくださいね。

  • 2005/08/31(水) 09:06:00 |
  • URL |
  • クロアジサシ #IcUDtGMA
  • [ 編集 ]

毒にも薬にもなるのですね!

オトギリソウの名の由来が、全回と違った切り口で理解出来ました!
すり潰すと、血のように真っ赤になるのですね。これで、草木染めをすると、大変な事になりますね。
クロアジサシさんのコメントにあるように交雑の問題もあるのですね。ごまのはぐささんのように知識ある人がいないと、絶滅してゆく種の時間速度が速まりますね。

追伸:山里の秋のコメントで御嶽山に安心して行ってらっしゃいと言えるかぶだよしです。変な質問してすみません!(笑)

  • 2005/08/31(水) 15:17:58 |
  • URL |
  • かぶだよし #LWIOhipc
  • [ 編集 ]

クロアジサシさん

トラバありがとうございますm(__)m。
私自身は植え戻しには消極的なので・・・。
遺伝子レベルでの地域固体群の保護を考えるなら、
交雑の恐れがある場合はどちらも種子を破棄すべきでしょうね。
決して逃がさないというのなら、
普通に栽培して種子を採取しても構わないと思います。
栽培用なら交雑したほうが、健全な苗ができるでしょうから。

ススキとは相性が良いので、根こそぎ開発されなければ大丈夫でしょう。

  • 2005/08/31(水) 22:37:12 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #-
  • [ 編集 ]

かぶだよしさん

あまり細かいことにこだわると身動き取れなくなりますので、
交雑の問題はあまり厳密に考えたくないのですが、
こんなことを言うと真面目な人に怒られてしまいます。

「正確な情報に基づく知識」こそが自然保護・環境問題の解決に最も大切なものだと思います。

変な質問はお互い様ですよ(^^ゞ。
べつに変だとは思いませんでしたが。

  • 2005/08/31(水) 22:47:20 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #-
  • [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2009/02/21(土) 03:28:00 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomanohagusa.blog10.fc2.com/tb.php/66-347a2ddd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オトギリソウ その後

↑の写真はUPし忘れていたもので、8/3に撮影したものです(^-^;続々と花を咲かせてくれたオトギリソウですが・・・

  • 2005/08/30(火) 15:25:07 |
  • フォト日和

赤城山に行って来ました。

皆様、ただいま帰宅しました。今回は台風に足下を掬われたりと散々でしたが更新の方も...

  • 2005/09/09(金) 11:01:58 |
  • モリノヒロユキのガーデニングライフ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。