ごまのはぐさのこまごまことのは

身近な野草についてあれこれと・・・。 日本の山野草を種子から育ててみませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカネナシカズラ

アメリカネナシカズラ
サムネイルです
 淀川の堤防沿いを歩いていると、草むらに妙なものがぶちまけられていました。誰かがラーメンをこぼしたようにも見えます。海岸ならアメフラシの卵「海素麺」だと思ったでしょう。
しかしその正体は、アメリカネナシカズラというヒルガオ科の寄生植物なのでした。小中学校の理科の教科書にも出てくる、寄生植物の代表格のネナシカズラ・マメダオシの仲間です。
 地面に根を下ろさず葉も持たず、葉緑素もなく黄色いツルだけが蔓延っているように見える不思議な植物です。
寄生根
ネナシカズラの仲間は発芽当初は地中に根を張るそうですが、寄生相手を見つけると、寄生根を相手に食い込ませてまとわり付きつつ成長し、不要になった最初の根は枯れてしまうそうです。肝心なところがぼやけていますが、画像の下の部分に寄生根が見えています。寄生相手は草本なら特に選ばないようで、一番上の画像はガガイモに寄生していました。

ヨモギに寄生
ヨモギの仲間にがっちり絡み付いた様子です。いたるところから出た寄生根に食い込まれ、さすがに痛々しく見えます。夏の終わり頃に大きさ3mmほどの花を沢山咲かせます。

花
この仲間は外見はそっくりですが、花の形で見分けられるそうです。まず在来種のネナシカズラは花柱(アサガオの実の角になる部分)が一本なのに対して、アメリカネナシカズラは2本なので見分けられます。マメダオシは花柱2本ですが、アメリカネナシカズラは横から見ると花の中から雄しべが飛び出して見えるので違いが分かるそうです。
 
 ところでかつては作物を荒らす害草として嫌われた在来のネナシカズラやマメダオシは、除草剤の影響か開発が原因か、現在では滅多に出会えないほど減ってしまったそうです。特にマメダオシは各地で絶滅が危惧されています。
 反対に30年ほど以前に帰化した北アメリカ原産のアメリカネナシカズラは、日本各地で急速に勢力を拡大していて、都市近くの草地や荒地法面などで頻繁に見かけられるようになりました。元々は緑化用種子に混入して入り込んだと言われますが、その後の拡大は人為的要因が大きいと思われます。故意ではないでしょうが、人間が種子を各地に拡散させてしまったのでしょう。
 知らぬ間にそっくりだが違う種とそっくり入れ替わってしまっているというのは、肌寒いものを感じます。

虫こぶ
ツルに近付くと、大きさ1cmほどの丸い実のようなものが沢山見つかります。じつはこれは実ではなくて虫こぶといって、中にゾウムシの仲間の幼虫が寄生しています。寄生生物に寄生する寄生生物です。泥棒の上前を撥ねるなんて上には上がいるもんですが、寄生の関係はまだ終わらず、虫こぶのゾウムシに寄生するハチもいるということです。寄生生物に寄生する寄生生物に寄生する寄生生物です。そしてそのハチに寄生する生物もいるのです。
 生態系というのは極めて複雑で多層的な関係で織り成され、表層だけのピラミッド型のヒエラルキーモデルでは理解しえるものではありません。
 
 ネナシカズラの仲間は種子を保存して春遅くに草のそばに蒔くと、寄生するまでの様子が観察できるそうです。興味のある方は種子を少し採取して試して見られたらいかがでしょうか?ただしその後の処置は責任をもってお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:野草の写真 - ジャンル:写真

コメント

持ちつ持たれつ

>寄生生物に寄生する寄生生物に寄生する寄生生物
笑ってしまいました。
何事も持ちつ持たれつなんですね。

  • 2005/08/25(木) 17:07:10 |
  • URL |
  • WAKA #RVp6i8PI
  • [ 編集 ]

WAKAさん

そうですね。
持ちつ持たれつ、追いつ追われつ、
小さな虫や植物の目線になると、
色々なものの見方を教えられますね。

  • 2005/08/25(木) 21:17:04 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #-
  • [ 編集 ]

寄生って、スゴい!

鏡合わせの世界のようです。
果てしなく連れて行かれる感じで怖いですね~~!
ラーメンのような容姿には惹かれるものがありますが、
生命を繋ぐやり方の選択がなんだか、根無し草って感じがします。
そうして、またあのキーワード「入れ替わる」夏の幽霊より怖いですね。

  • 2005/08/26(金) 02:37:32 |
  • URL |
  • かぶだよし #LWIOhipc
  • [ 編集 ]

かぶだよし

そうですね。
寄生生物には、したたかさと同時に
よるべなさが伴います。
そしてどこまでいってもラーメンのようには切れない因果の糸。

「入れ替わる」前には人間による大殺戮による
真空状態の出現があることを忘れるといけません・・・。

  • 2005/08/26(金) 05:29:02 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #-
  • [ 編集 ]

驚きの連続

知らずに通り過ぎてしまいそうな、捨ててある釣り糸みたいな植物ですね。ラーメンに例えてあるということは、ちょっと太さもあると言うことでしょうか?確かに他の植物に寄生するんなんて太いヤツですが、さらに上を行くヤツに寄生されるなんて!そのまた上を行く寄生するヤツが現れるとはー!
驚きの連続ですね。

  • 2005/08/31(水) 08:39:14 |
  • URL |
  • hanahana #-
  • [ 編集 ]

hanahanaさん

細麺のラーメンです。
今は郊外ならどこででも見られますよ。
結構ブキミです。
目に見える競争関係だけでなく、寄生関係のような表に表れない世界を知ると、世界観が変わってしまいますね。
面白い世界です。

  • 2005/08/31(水) 08:59:34 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #-
  • [ 編集 ]

当方のような山奥にもアメリカネナシカズラが侵入しているようです、
ネナシカズラの生命力には驚きますね。

  • 2007/11/19(月) 13:50:12 |
  • URL |
  • kounit #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomanohagusa.blog10.fc2.com/tb.php/62-133b7f7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。