ごまのはぐさのこまごまことのは

身近な野草についてあれこれと・・・。 日本の山野草を種子から育ててみませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

からまつそう 唐松草 (キンポウゲ科)


 初夏に花を咲かせる、信州の高原ではよく見る大きな草です。木曽路の村では、県道ぞいの土手や、田んぼのあぜなんかでも、よく花を咲かせています。花が美しいので、刈らずに残されるようです。でも残念なことに、車で走り抜ける観光客の多くは、存在にも気づかないか、気にもとめずに通り過ぎます。線香花火のような白い花は、遠目では、新緑の風景に溶け込んでしまうようです。画像には写っていませんが、紫がかったまるい蕾が、ほどけて花を咲かすまでの色の移り変わるさまは、大変に美しく趣き深いものです。
 カラマツソウの名は、唐松の芽吹きに花の形が似ているからですが、ちょっと字面が仰々しいように思います。
 種子からの栽培が簡単で、上手な方は当年に開花させるそうです。水揚げもよいので切花にして楽しめるのですが、数日で咲ききって、はらはらと散ってしまいます。
スポンサーサイト

コメント

紫のつぼみ→白い糸 
私も大好きです。
雨の山の中で見たけど、雨の雫を受けて ほんとうーに
美しかった。

  • 2005/08/17(水) 17:15:50 |
  • URL |
  • MIWA #-
  • [ 編集 ]

MIWAさん リンクありがとうございました。
白い花って、お天気の日より、雨の日や、黄昏どきのほうが
きれいにみえますよね・・・?。

  • 2005/08/17(水) 17:16:48 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomanohagusa.blog10.fc2.com/tb.php/6-c57cc101
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。