ごまのはぐさのこまごまことのは

身近な野草についてあれこれと・・・。 日本の山野草を種子から育ててみませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げんのしょうこ 現の証拠 フウロソウ科


胃腸病に薬効あらかたで有名な薬草ですね。木曽の「御嶽百草丸」が不思議なくらい良く効くのは、配合されてるゲンノショウコの力でしょうか?
 土用の頃に花が咲くので、その頃に摘み取るとか。農村生まれの私の母は、小学校の夏休みの宿題でゲンノショウコを集めたといいます。薬屋に売って学校の備品を買ったそうです。
 
なぜか関西では赤い花・関東では白い花が咲くそうですが、信州木曽にあるうちのあずまやの軒先では紅白が仲良く咲いています。このあたりが分布の境界になるようです。ぱっと見で良く目立つ赤花が人気ものですが、よーく見ると白も清楚で負けていません。
 
 山では湿り気があって日当たりがよければどこでも生えてきますが、放っておくと数年で衰えてきます。しかしいつも刈り取ってしまううちの庭では反対に、毎年元気に生えてきます。この草はやたらと蔓延るのですが、庭の他の野草と喧嘩せず上手に共存しています。その愛らしい花は私の「雑草園」を優しく彩ってくれます。沢山花を咲かすのに、自然と景色に溶け込むのが野草の花の良さでしょうか。

 ゲンノショウコの花は大きさ1cmほどの小さな花ですが、この仲間は花の美しいものが多く、盛んに栽培されます。我が家ではタチフウロが一番人気の野草ですし、ぽんさんの素敵なお庭でもアケボノフウロが美しい花を咲かせています。またこの仲間は秋に美しく紅葉するのが見逃せない魅力の1つです。
 どれも花期が長く栽培が易しいのが嬉しいところです。中でもゲンノショウコは特に簡単ですので、気軽に育てられます。こぼれ種で良く増えますが根が浅く抜くのが簡単ですので、庭が占領されることはありません。

 薬草として使ったことはないのですが、私は毎年新芽を摘んで天ぷらにしています。ほろ苦くて、独特の香りがあって、結構いけます。
スポンサーサイト

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomanohagusa.blog10.fc2.com/tb.php/49-989ac680
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。