ごまのはぐさのこまごまことのは

身近な野草についてあれこれと・・・。 日本の山野草を種子から育ててみませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちだけさし 乳茸刺し ユキノシタ科


 木曽の山ではお盆頃にチチタケ(乳茸)という茶色い茸がたくさん出てきます。名前の通り傷つけると白い乳液が染み出します。素人でも見つけやすい食用茸です。木曽ではチチタケを収穫して,この草の茎に串刺しにして持ち帰るのでチダケサシと名付けられたらしいです。でも木曽おんたけの住民何人かにチチタケについて尋ねてみたら、「おいしくないから殆ど食べない」とつれない返事が返ってきました。
 山菜の本で調べてみると、茄子と相性が良いとなっていましたので、何本か採ってきて海老と茄子と味噌炒めにしてみました。なんとも言えない歯触りで、ニシンのような香りがします。確かに好みが分かれる香りですが、私はおいしくいただきました。蕎麦に合いそうです。韓国料理にも向いていそうなので、機会があったら調べてみようと思います。

 この野草は、信州では夏の山の湿地や湿った草はら・路傍でごく普通に見られます。花屋で最近すっかりお馴染みのアスチルベの仲間ですが、園芸種と比べると、花穂が貧弱でぱっと見栄えがしません。しかし花の微かな香りに気が付く位近づくと、一つ一つの花は、小さいながら可憐で美しいことが分かります。山で幸運にもこの花の咲いているのを見つけたら、足を止めてじっくりと観察してみてくだい。私はユキノシタの仲間では、この花が最も美しいと思います。グループごとに花の色が白からピンクまで変異が多く、それぞれ印象が異なるのも面白いです。

 種子からの栽培ができますが、種子が細かいので流されない工夫が必要です。ある程度成長すれば管理は楽です。花は雨に当たると痛むので、鉢で育てて室内に取り込むか、切花にすると長く楽しめます。水が下がりやすいので、十分に水揚げします。

日本や中国のこのチダケサシの仲間が、ヨーロッパで交配されてアスチルベという園芸品種群が作られました。日本では地味な扱いの野草が、外国で愛されて逆輸入された代表例です。
 
参考 チチタケ

ぽんさんの美しいお庭でも咲いています。アスチルベ・ファナルは特にこのチダケサシの特徴をよく残していますね。
 アスチルベ人気で、日本の原種ももっと愛されるようになると嬉しいです(^^)。 


関連記事
チダケサシの花
スポンサーサイト

コメント

2005-02-04

ごまさん m(__)m ごまのはぐささん
(あっと、ごまのはぐささんって言いにくいわぁ)

ちだけさしを日本のアスチルベの仲間で紹介させていただきました
よろしくお願いします

  • 2005/08/21(日) 10:54:08 |
  • URL |
  • ぽん #-
  • [ 編集 ]

2005-07-26

ごまさん、こんばんわ。
TBありがとうございます。
つい最近、ヤマネの通り道でも、チダケサシと乳茸両方を発見しました。といっても、乳茸は、ブログにアップしてから教えていただいたんですけど。

  • 2005/08/21(日) 10:55:26 |
  • URL |
  • クロアジサシ #-
  • [ 編集 ]

2005-01-25

ごまのはぐささん
トラックバックありがとうございました

ツルリンドウの種 播いて見ました こんな素敵な花が見れたらいいなって思ってます

尚、私のblogからも、詳しい記事や素敵な花の紹介もしたいので
ごまのはぐささんの花の記事へ トラバしたいのですが、許可願えませんが m(__)m

また、リンク集にも ごまのはぐささんを紹介したいのですがいかがでしょうか?

  • 2005/08/21(日) 10:57:13 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #-
  • [ 編集 ]

TBの件、了解しました
こちら使い心地よさそうですか、1GBが魅力ですね

BLOGari設立当初からの同じジャンル仲間でしたから
ごまのはぐささんが抜けちゃうと、何だか寂しくなります
お引越し、大変だと思いますが、がんばってくださいね
お疲れが出ませんように

  • 2005/08/22(月) 01:32:20 |
  • URL |
  • ぽん #ixGiNrI.
  • [ 編集 ]

ぽんさん

トラバ再設定ありがとうございますm(__)m。
fc2は機能充実ですが、操作性はBLOGariもよく出来ていたと思います。
ただ容量が・・・。

BLOGariはなかなか「自然」カテゴリー増えませんね。
内容的には相応しいのがあるでしょうに・・・。
会社は変わりましたが、どうぞ変わりなくお付き合いくださいませm(__)m。

  • 2005/08/22(月) 22:17:12 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomanohagusa.blog10.fc2.com/tb.php/43-3245bdf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アスチルベ シュトラウセンフェダー

 アスチルベ  シュトラウセンフェダー φ(..)(学名)Astilbe‘Straussenfeder’ ユキノシタ科アスチルベ属 園芸品種 H80cm×W70cm  耐寒性:強 耐暑性:強 半日陰  湿り気の多い所で育てる 花期5月  落葉性多年草シュトラウセンフェダーはフワフワと

  • 2005/08/22(月) 01:38:38 |
  • 庭の植物 AtoZ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。