ごまのはぐさのこまごまことのは

身近な野草についてあれこれと・・・。 日本の山野草を種子から育ててみませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チダケサシの花


チダケサシ ユキノシタ科チダケサシ属の多年草。
北海道を除く全国の山野の湿地や湿った草原に地下茎を引いて群生します。草丈30~60cm。初夏から夏にかけて斜上する短い枝を出して細長い円錐状に見える花序を直立させて、白から淡紅色の小さな花を多数咲かせます。
 花は下から上に咲きあがり、雌しべから先に現われます。花柱(雌しべの先)は2つです。果実長さ5mmほどになりは2つの部屋に分かれます。花序には腺毛が密生して少しべたつきます。がく片は5枚、花弁も5枚。
 
 横から出た枝は短くそれ以上はあまり枝分かれしません。そのため同属の園芸種「アスチルベ」よりスマートに見えます。
 
 雄しべは10本、葯(雄しべの頭)は最初紅紫色、やがて開いて花粉が出ると白っぽくなります。花穂全体で見ると花弁の色とあいまってグラデーションとなります。
 
 花色は通常淡紅色ですが、稀に白花があります。花弁の色がごく薄くなって白く見えるものでは葯が紅紫色になりますが、上の画像は葯も白い色素欠乏変異固体です。
 
 この記事をブログ「野の花語り」の記事「八幡湿原の花」にトラックバックさせていただきます。広島県八幡湿原の小さな生き物たちの画像も必見です。
 
関連記事
ちだけさし(名の由来とチチタケについて)
スポンサーサイト

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomanohagusa.blog10.fc2.com/tb.php/4-61eede41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。