ごまのはぐさのこまごまことのは

身近な野草についてあれこれと・・・。 日本の山野草を種子から育ててみませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイケイソウ

バイケイソウ
 以前の記事ですでに2度紹介しましたバイケイソウの新しい画像が揃いましたので、補足の意味で掲載させていただきます。

バイケイソウ(梅草)ユリ科シュロソウ属の多年草。
北海道から中部地方までの山地の陰地や湿地に群生。
開花株は高さ60~150cm。シュロに似た30cmほどの葉を互生する。初夏に径2cmの花を無数に付ける。有毒植物
バイケイソウ
 名の由来は花が梅に似るからですが、5弁花のウメにたいしてバイケイソウは6弁花です。おしべ6本・めしべの先(花柱)は3つに分かれ、ユリ科の植物に多い3数性です。ユリの花が咲いていましたらそれぞれ数えてみてください。花弁のふちがギザギザに見えるのは小さな突起があるからです。花は茎の上部に両性花、下部に雄性花(一番上の画像・めしべがありません)がつきます。

 バイケイソウ
 花には甘ったるい異臭があり、虫を誘引します。花のそばではしばしばクモなどの肉食昆虫が待ち伏せています。

 バイケイソウ
 花の咲かない固体。葉は楕円形で葉脈の部分が表側に出っ張ります。誤食事故が起こる山菜のオオバギボウシ(ウルイ)は葉脈の部分が表からみるとくぼんでいます。

 以下の2枚の画像はオオバギボウシとバイケイソウを表側から撮影したものです。きついことを言うようですが、この見分けがつかないようならギボウシの採取は諦めましょう。 
バイケイソウ

バイケイソウ
 
 開花固体の全体像と詳しい解説はMUGIXOR@BLOGバイケイソウをご参照ください。でも花は緑色です・・・。

関連記事
ばいけいそう
毒草にご注意ください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomanohagusa.blog10.fc2.com/tb.php/32-7c70ffbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【バイケイソウ】

バイケイソウバイケイソウ生物の分類|分類界:植物界 Plantae門:被子植物門 Magnoliophyta綱:単子葉植物綱 Lilliopsida科:ユリ目 Liliales科:ユリ科 Liliaceae学名Veratrum album subsp. oxysepalum バイケイソウ(梅?草)は

  • 2007/02/08(木) 00:51:37 |
  • 漢方薬のしおり

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。