ごまのはぐさのこまごまことのは

身近な野草についてあれこれと・・・。 日本の山野草を種子から育ててみませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空から舞い降りた天使と月の女神の恵み

 少し長いお話となりますが、とても大切なお願いを含んでいますので最後までお読みいただきますようお願いいたしますm(__)m。

(この記事の前半部はほぼ全面的に桃井和馬氏のブログ記事・「タイ・王室プロジェクトの奇跡
 http://www.actiblog.com/momoi/の内容からの引用に依拠しています。)

空から舞い降りた天使

 タイの北方の山岳地帯にタイ・ミャンマー・ラオス三国の国境に接しゴールデントライアングルと呼ばれる地域があります。かつては豊かな森に囲まれていたこの地域は乱伐が原因で土地が荒廃し、農業を営めなくなった住民の多くは、生きる糧としてケシの栽培で生計を立てるようになりました。ケシは強力な鎮痛剤モルヒネの原料となる一方、悪魔の幻覚剤アヘンやモルヒネの原料となる植物です。
 アヘンやモルヒネは闇のルートで莫大な利益を生み出すため、この地域は各国で紛争や戦争が起こるたびに合法・非合法のさまざまの勢力の狙われるところとなり、住民たちはさらに恐ろしい困窮とアヘン禍に苦しめられることとなりました。

 そんなタイ国側のゴールデントライアングル地帯ドイトン地区で、慈愛に満ちた行いから「メイファールアン(空から舞い降りた天使)」と敬愛された女性がいました。その女性とは現在のタイ王国国王プミポン陛下の生母であるソンワーン親王妃でした。
 タイの近代化と貧困撲滅に全力を傾けながら早世したソンクラーナカリン親王の遺志を受け継いだソンワーン親王妃は、自らもまたタイの国民のために生涯を費やしたのだそうです。
 1988年にドイトン地区を訪れて悲惨な現状を目の当たりにした親王妃は貧困の克服と地域の復興を支援するために、直ちに地域住民の健康状態の向上、生活栄養状態の向上・教育の普及を目的としたドイトン開発プロジェクトを立ち上げ精力的に推進しました。
 親王妃は現在故人となりましたが現在でもその名をを継いだ王室の関係機関メイファールアン財団が中心となってプロジェクトを継承し、三大感染症“マラリア、結核、エイズ”の撲滅運動を推進し、また地域にとって諸悪の根源ともいえるケシ栽培の撲滅運動を展開されてきました。

 私たちの立場から諸悪の根源といっても、ケシの栽培は地域農村にとっては命を支える貴重な収入源です。ただ栽培を禁止するだけでは実効は期待できません。そのため財団はケシの栽培を断念させる見返りとしてコーヒー・茶などの代替作物の栽培を融資と共に指導しているのだそうです。しかしただコーヒーを栽培させるだけでは、彼らの生活の安定と向上に直結することはありません。財団は実際に地域ぐるみの産業として成り立ち、地域がケシ栽培や援助なしでも経済的に自立できるようになるまで、地域住民と一体となって具体的な支援を続けるというのです。そのプロジェクトは現に進行中で、すでに一定の成果をあげつつさらに国境を越えて世界に広がりつつあるというのです。このあたりの具体的な内容に関しては桃井和馬氏のブログ記事・「タイ・王室プロジェクトの奇跡」http://www.actiblog.com/momoi/10887に詳しいのでご参照ください。

 これまでは遠い国の出来事としてお話してきましたが、これから少し身近になってきます。

 プロジェクトのもう一つの柱、健康状態の向上・感染症との闘いには、メイ・ファー・ルアン財団と日本の財団法人「日本国際親善厚生財団(JIFF)」http://www.josai-hp.com/jiff/indexjp.htmとパートナーシップを結んで取り組んでいます。
「日本国際親善厚生財団(JIFF)」とは茨城にある城西病院という私立の一病院で働く、医師や看護師・事務員の有志の方々が中心となってアフガンやタイなどに赴いて診療所を立ち上げ、医療の向上・患者の治療に当たられている団体なのだそうです。 
 実は私もこのJIFFに関しては最近知ったばかりだったのですが、アフガンなどでの地道で誠実なご活動が高く評価されて、メイ・ファー・ルアン財団からも特に信頼されて困難なプロジェクトへの協力を依頼されたのではないでしょうか?このような形で世界から信頼されて貢献する人たちが、同じこの国にいることはとても誇らしいことだと思います。
 そしてこの2つの財団の協力の下、現在一つの計画がたてられているそうなのです。その計画が目論見どおりに成功すれば、ゴールデントライアングルに蔓延するマラリアとの闘いが有利に進められ、同時に地域農民の経済的自立にも貢献するという一挙両得の計画らしいのです。


 
月の女神の恵み

 人類最大の敵は何かという問いがなされると、人それぞれ色々な答えが返ってくるでしょう。貧困・戦争・人によってはテロリストなんていう方もいらっしゃるでしょう。しかし少なくとも最有力候補の一つにマラリアが入るのは間違いありません。日本は幸いにして島国で、寒い冬のある国なので熱帯蚊の媒介するマラリアの猛威に晒されていませんが、しかし全世界では全人口の4割が流行地に生活し、年間3-5億人が感染、幼い子どもを中心に150万から270万が死亡しているといわれています。亡くなる人たちのことを考えるだけでも十分痛ましいのですが、死に到らなくても高熱による後遺症・治療にかかる医療費・病中の生活費・そして病気で働けないために失われる労働力を考えると、マラリアが人類に与えてきた損失がどれだけ甚大か想像を絶するものがあります。
 マラリアには未だワクチンのようなものは存在しませんが、幸いキニーネ・クロロキンなど治療薬は存在します。しかし残念なことに病原体であるマラリア原虫の中にはそれらの薬に耐性を持つものが現れました。媒介する熱帯性のハマダラ蚊の根絶は事実上不可能、その上地球温暖化によりハマダラ蚊の生育地が広がりつつあるといわれています。
そのような状況で、最近ヨモギの仲間から抽出されたアルテミシニンという成分が強い抗マラリア効果を持つことが知られるようになり、俄かに注目を集めています。アルテミシニンの名はその原料であるArtemisia annua Lの前半部の属名に由来し、月の女神の名を冠しています。Artemisia annua Lは世界中の各地に広く分布し、日本でも各地の水辺や荒地に見られるキク科ヨモギ属の野草というか雑草で標準和名ではクソニンジンと呼ばれています。非常に強い香気を特徴とし、古くから薬草ハーブとして使われましたが、その香りの元の成分からアルテミシニンが抽出されたのです。

 クソニンジンは性質強健な野草で、生産が比較的簡単なため需要が高まり各地で生産が始まったのですが、年間数億人単位で発生するマラリアに対して需要が追いつかないのが現状のようです。いくら効果が高くても患者の手に渡らなければ意味がありません。また本当に困っている患者が使用を躊躇するほど高価であっては良い薬とはいえません。
 そこでメイ・ファー・ルアン財団とJIFFはゴールデントライアングルでクソニンジンを現地生産してアルテミシニンを抽出し、安価な抗マラリア薬を潤沢に供給しようと考えているようなのです。そしてクソニンジンの生産は、ケシの代替作物として農家に依頼し財団が買い取ろうという計画のようです。成功すれば、地域の自立に大いに貢献することとなるでしょう。まさに一挙両得の素晴らしい計画です。

kusoninnjinn
我が家のベランダで種子から育てたクソニンジン。花芽を分化しつつります。

クソニンジン・プロジェクト(仮)

 しかしクソニンジンを栽培するにはまずその苗や種子を入手する必要があります。財団の方が事務局の近くで自生株を探されたようですが見つけられず、情報を求めてネットを検索されていて、偶然私のブログ記事「クソニンジン」に行き当たられたようで、こちらにメールで種子か苗の入手法を問い合わされてきました。
 偶然というか、当然というか、草オタ・種蒔き病の私はクソニンジンの実生苗を少し持っていましたので、ご事情によってはお譲りするとお答えしたら、なんとタイで育ててマラリアの薬を作るというお話だったのです。当初は失礼ながら少々眉唾だと思ったのですが、些細なことでお役に立てるのならと苗をサンプル用に茨城の病院に送らせていただきました。勝手ながら条件としてプロジェクトの進行についてたまにご報告をいただけるようにお願いして。

 このことは苗をお送りした時点で私の役目は終わったと思っていたのですが、事務局の方が大変誠実な方で、プロジェクトの概要が取材されているという、桃井和馬氏のブログについてご連絡をいただき、大まかながら上記のプロジェクトが本当に進行中であることを知りました。まだまだ計画段階とはいえ、当初私が思っていたのよりずっと大きくて夢のある計画です。しかしブログによるとプロジェクトの撤退までの期限はあと13年。とても十分時間が残されているとはいえませんし、プロジェクトの成否には人命が関わっています。
 この夢のようなプロジェクトに私たちが関われることはないか、そう考えて私はJIFF事務局に一つの提案を持ちかけてみることにしました。
小規模な試験栽培なら個人でも十分賄えますが、作物として生産するなら大量の種子が必要となります。幸いクソニンジンは栽培が容易で、一株あたりからでも夥しい量の種子が採取できます。しかし不慮の事故で枯れることもあるでしょうし、種子は大量にあるに越したことはありません。

 そこで日本各地の皆さんにこちらで用意した種子を少しずつお譲りして、里親として数本ずつ育てていただき、収穫した種子を送り返していただくようにお願いしようと考えています。一人数本でも数千粒、10人で数万粒、100人となれば夥しい量になるでしょう。そうして集まった種子を取りまとめた上で、JIFFを通じてプロジェクトに寄付させていただきます。
 クソニンジンは名に反してラベンダーを思わせる香気と、細かに裂けた繊細で美しい葉姿を特徴とした丈夫なハーブです。自宅の庭で、ベランダで育てたハーブが遠く海を渡って山を越えた先の人たちのお役に立てるなんていうのは、素敵なことではないでしょうか?
 ご協力いただける方には、何の見返りもお約束できません。ただ事務局の方からお知らせいただくプロジェクトの進行状況を知ることはできます。私からは、お礼として野草の種子や苗を融通させていただくことはできます。もう一つ、送料は皆様に200円程度ご負担いただくこととなります。
 プロジェクトはまだ計画段階です。ひょっとして計画自体が頓挫して皆様のご尽力が一旦は無駄になるということも考えられます。成分や防疫法の問題で種子が使えなくなるかもしれません。
 しかし、それでもこの素晴らしい夢にわずかな投資をしてみよう、そう思われる方をお待ちしています。
 ちなみにアルテミシニンはマラリアのみならず、安価で効高い抗ガン剤としても注目されています。タイや世界各地で盛んに生産されることとなれば、私たちをも苦しめているガンの克服にも役立つことも大いに考えられます。今はこの国にとって他所事のマラリアにしても、温暖化の進行とともにその災禍は身近なものになりつつあります。
 プロジェクトは遠い国の他人を助けるだけではありません。成功すれば近い将来の自分自身や私たちの近親をも助けることにもなるのです。

 クソニンジンは現在生育期にあたり、開花結実は10月ごろの予定です。種子が収穫でき次第こちらのブログなどで里親の募集をさせていただきます。

 どうか皆様の小さくて大きな力をお貸しいただきますようにご検討をお願いいたしますm(__)m。
 ご意見・お問い合わせクソニンジンの情報などございましたら、ごまのはぐさまでメールにてご連絡ください。募集開始以前にも、ご協力の申し出をいただければ励みとなります。昨年お譲りした種子から育てていただいている方は、ご連絡いただけますようにお願いいたしますm(__)m。

桃井和馬氏はこれまで世界130カ国を「紛争」「地球環境」などの切り口に取材をされているというフォト・ジャーナリストです。公式サイトhttp://www.e-mb1.com/momoi/
2006年7月31日現在お仕事で出張中とのことで、連絡がとれず前述のブログ記事からは無断引用させていただきました。

関連記事 クソニンジン
スポンサーサイト

コメント

感動しますね

何時もお世話になっております 薬草多いとはよく聞いていましたが スゴーイ構想 感動です ベランタ゛でもとなれば 我が家のも (トマト等と準備したプランターが倉庫に )可能でわと家内と相談している次第です(7/29日退院しました)また その時季にでもと 思っています ご苦労さまです 暑いおりくれぐれも 御無理なさいませんように

  • 2006/07/31(月) 20:53:44 |
  • URL |
  • y-san3737 #-
  • [ 編集 ]

ysanさん

奥様のご退院おめでとうございます。
暑いさなかですので、どうぞ焦らずご自愛ください。
クソニンジンは強い草ですのでプランターで十分です。
まったく手間のかからないので
ご協力をお願いいたしますm(__)m。

  • 2006/08/01(火) 07:33:12 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #-
  • [ 編集 ]

お手伝いさせてください!

ごまのはぐささん、お久しぶりです。
以前譲っていただいたレモンエゴマは順調に育っております。
そろそろ韓国風サラダにして食してみようと思いますi-50
クソニンジン・プロジェクト、壮大で感動的な話ですね。
うまく育てられるかどうか分かりませんが、ぜひお手伝いさせてください!

  • 2006/08/01(火) 18:06:13 |
  • URL |
  • にがよもぎ #8iCOsRG2
  • [ 編集 ]

にがよもぎさん

お久しぶりです。
レモンエゴマ我が家でもすくすく育っています。
葉っぱをむしっても茎だけ残っていれば
花が咲いて種子ができますので
採っておいて来年も蒔いてくださいね。
クソニンジンはとても丈夫な「雑草」ですから
ご心配は無用ですよ。
よろしくお願いしますm(__)m。

  • 2006/08/02(水) 08:12:05 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #-
  • [ 編集 ]

クソニンジン。以前、こちらでの記事を読んで、強烈なインパクトのある名前で憶えていました。
趣味の園芸で、人様のお役に立てるとは、すばらしい事ですね。
微力ながら、プロジェクトがスタートしたらお手伝いさせていただきたいと思います。

  • 2006/08/03(木) 00:08:49 |
  • URL |
  • まこぷー #5JVfOJhc
  • [ 編集 ]

まこぷーさん

ありがとうございます。
以前アフリカ向けに同じ内容の企画があったようですが
そちらはクソニンジンの種子が十分確保できず実現できなかったようです。
雑草といいますが、実は絶滅が近いほど減っているようです。
でも栽培すれば簡単に増えますので、今回は皆様のお力で実現できると思っています。
よろしくお願いいたしますm(__)m。

  • 2006/08/03(木) 07:35:42 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #-
  • [ 編集 ]

クソニンジン

その節はありがとうございました。
いただいたクソニンジンは順調に成長し、先月、花を咲かせたので、種子用に1本残して、後は乾燥させてお茶にしました。
とても良い香りです。
お茶の他に、焼き菓子とアイスクリーム、ゼリーにしても、とても美味しかったです。

宮古島は気候の面では不向きかもしれません(栽培には問題ありません)が、琉球石灰岩でできているため、クソニンジンにはとてもよい土壌だと思います。肥沃でないのです。しかし、かえってそれが成分に期待できるのではないかと思います。
中国やエチオピア産の製品が主流なのは、おそらく人件費の問題が絡んでいるのだと思います。
多くの人々の健康に役立てる日が来ることを祈念致しております。

  • 2006/08/03(木) 21:47:50 |
  • URL |
  • 赤松 空 #-
  • [ 編集 ]

赤松 空 さん

アイスクリームですかー。
思いも寄らなかったです。
それにしても、開花が早いですね。
2期作ができるんじゃないでしょうか?
貴重な情報をありがとうございました。

  • 2006/08/04(金) 07:40:48 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #-
  • [ 編集 ]

クソニンジン・プロジェクト

昨年の秋にクソニンジンを含む数種類の種を送っていただきました。
幸いにもクソニンジンは現在成長中です。
(まだ小さな苗で生育は遅れているようですが・・・)
もし無事種が取れましたらご協力できると思います。

三太郎さん

お知らせいただきありがとうございました。
まだまだ成長期ですのでこれから大きく育つと思います。
ほんの少しずつでも発芽率の高い植物ですので
まとまれば十分な量が集まると思います。
ご協力のお申し出感謝いたしますm(__)m。

  • 2006/08/08(火) 07:45:51 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #-
  • [ 編集 ]

芽が出なかったのです。

今回は、私の植えたものは、残念ながらダメだったようです。
こちらの記事を紹介させていただきました。
どうぞよろしくお願いします。

  • 2006/08/09(水) 20:40:48 |
  • URL |
  • ひろりん #pYrWfDco
  • [ 編集 ]

ひろりん さん

ご紹介いただきありがとうございます。
今回芽が出なかったのは残念ですが
次はきっと出ますよ。
ドンマイです(^^)。

  • 2006/08/11(金) 07:57:55 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #-
  • [ 編集 ]

ゴールデントライアングル

については聞いた(読んだ)ことがあります。中南米などでも同様なシチュエーションでケシ栽培が生活基盤にならざるをえない地域がありますよね。
その点、こちらでの取り組みは非常に現実的な観点を持たれて嬉しいです。
クソニンジン、一杯育てて種をとりますよ!

  • 2006/08/29(火) 20:57:51 |
  • URL |
  • Yukiko #-
  • [ 編集 ]

yukikoさん

私たちの日々の贅沢な暮らしを支えるために
多くの人が貧困に苦しんでいるように思うのです。
考えさせられますね。
クソニンジン、染料になるかもしれませんよ。
よろしくお願いいたしますm(__)m。

  • 2006/08/30(水) 07:50:50 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #-
  • [ 編集 ]

88年、ドイトゥンのマザーズプロジェクト発足時にチェンライ県にいて、微力ながらケシ栽培に替わる換金作物の導入のお手伝いさせていただいていましたものです。
クソニンジン、ですか。マラリア感染地域にとっては福音になるかもしれませんね。近所で探してみます。

  • 2006/08/31(木) 07:10:51 |
  • URL |
  • 鳥飼うなう #-
  • [ 編集 ]

鳥飼うなうさん

はじめまして。
実地に活動されたかたからご連絡いただき感激です。
お力添えいただければ幸いですm(__)m。
クソニンジンですが、昭和中期までは房総にきわめて普通であったそうです。河川近くの空き地・荒地、休耕田周辺などの見られます。見つかると思うのですが。。。

  • 2006/08/31(木) 08:02:10 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #-
  • [ 編集 ]

くそにんじん

茨城でうまれ現在は長野県伊那市に住んでおります。私は仕事の都合上つくば在中がおおいのですが、絵描きである夫は伊那市におります。
JIFFという素晴らしいプロジェクトがこんなに近くにあったなんてまったく知りませんでした。
茨城という地域は非常に恵まれた地域で、自然災害もあまりなく、食べるものはほとんど揃ってしまう、気候は温暖、平和な地域からなのでしょうか、福祉とかボランティア等の活動が育たないという県なんですね。
という自分も何もしてはいないのですが・・・・・・
そして、くそにんじんプロジェクト、是非参加させていただきたいとおもいます。
私のお客様で、タイランド在中の日本人の30代の女性の方で8年にわたり、NGOのボランティア活動で、世界の紛争地域ばかりを歩いてきている方がいます。
この方に先日スカイプでお話をさせていただき、こちらのブログとJIFFのお話をさせていただきました。早速こちらのブログをご覧になり壮大なプロジェクトに感動され、胸が躍りますと、連絡いただきました。
ケシの花の栽培に関しては彼女も大きな疑問をもっておりました。
アフガニスタンに活動に入ったときも、アメリカが、ただ爆弾を落としてケシの畑を焼き払うという、いたちごっこのようなやり方に怒りを感じながらも何にもできない自分に腹がたったと。
もし今回のプロジェクトが動き出したら、凄いことになると興奮しておりました。
彼女は世界はエイズのことは取り上げるが、実際紛争地域を歩いて感じたことはエイズよりも、もっともっと沢山の人が命を落としているのはマラリアである
と話しておりました。
私は野草が好きで名前を確かめたりしながら、鑑定の仕事とレイキティチャーとしてレイキを伝える仕事をし、日々くらしております。
私のブログでこちらのサイト紹介させていただいてよろしいでしょうか?

うみねっとさん

こんばんは、はじめましてm(__)m。
レイキ。。。存じ上げなかったので調べてみました。
ハンド・ヒーリングというのですね。
不思議ですが私の知人も受けたことがあり、効果があった!!とのことでした。
フラワー・エッセンスというのもあり、まだまだ未知の知識はたくさんありそうですね。

さて、茨城のJIFF・タイのロイアル・プロジェクトのお手伝いを
できること、私自身とてもうれしく思っています。
ご協力をお願いいたしますm(__)m。
どうぞ記事の内容に関してはご自由にお使いください。
クソニンジンの栽培に関しては、すでにアフリカでは同様の試みが軌道に乗っており、このプロジェクトも実現可能性は高いのではないかと思われます。
とはいっても、結果がでるまで5~6年くらいはかかる事業です。
根気よくお付き合いください。
具体的なことに関しては10月はじめまでにまとめていきますので
もうしばらくお待ちいただけませんでしょうか?
種子も10月には入荷できる目処がたっております。
入荷次第お願いさせていただきますm(__)m。

  • 2006/09/19(火) 02:18:00 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomanohagusa.blog10.fc2.com/tb.php/224-403539c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クロロキンクロロキンは抗マラリア剤のひとつ。マラリアの治療もしくは予防のために用いられる。1934年にドイツで最初に合成された。現在ではクロロキンに耐性を持つマラリア原虫が出現している。そのためクロロキン単独で用いることはあまり無く、他の薬剤との併用されるこ

  • 2007/07/26(木) 17:00:10 |
  • さまざまな医薬品

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。