ごまのはぐさのこまごまことのは

身近な野草についてあれこれと・・・。 日本の山野草を種子から育ててみませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オニバス苗の里親を募集します。 終了しましたm(__)m。

onibasu

 訳あってオニバスの実生苗が余っています。我が家はベランダ園芸ですので、2~3株の栽培が限度ですので、一株ずつ里親になっていただける方を募集いたします。
 オニバスはかつて平地のため池に多く自生していた葉の直径2mにもなる水草ですが、環境の悪化により絶滅が心配されるまで減少している植物です。池に植えれば大きくなりますが、直径50cm程度の火鉢や甕でもコンパクトに育てられるそうです。花は愛らしく、実は食用にります。一年草ですが一株でも閉鎖花で沢山種子を実らせますので、種子を保存して毎年楽しめます(つまり冬場は世話要らず!!)。
どうか引き取って育ててやってくださいませm(__)m。
 ただし条件として恐れ入りますが、?種子が採れたら必要な分を残してこちらにご返送ください。貴重な植物ですのでみんなで分け分けして育てましょう。?速達での発送を考えていますので送料として300円程度ご負担くださいm(__)m。?日照を好み生育適温は水温27度です。寒冷地の方は加温設備が必要となります。?ノークレーム・ノーリターンでお願いします。(その代わり栽培に失敗されても、こちらから責めるようなことは絶対ありませんので、ご安心ください(^^)。)二次配布もお断りします。
 募集定員は5名様まで。十分な設備のお持ちの方には2株以上の分譲も考えております。締め切りは2006年7月1日21時とさせていただきますが、定員に達し次第終了とさせていただきます。
どうぞご応募お待ちしておりますm(__)m。
 終了しました。ありがとうございましたm(__)m。
本サイト 雑草ちゃうでのメールフォームか、当ブログ左側のメールフォームからお問い合わせください。お返事は夜間になりますのでご承知置きください。

 花の画像はnojinさんのブログ「みつけたよ ~お茶の国から~」の記事オニバス2ご覧になれます。

 以下参考までに30cmのすり鉢で育てたという、園芸家八代田貫一郎氏の名著から引用させていただきます。


オ ニ バ ス

わが国に自生しているオニバスは野趣にあふれたハスだが、池面にべっとりとくっついておおい広がっているところはいやなものだ。しかし一株孤立して水面に浮かび,数枚大きな葉を広げ、濃い紫の小さな花を開いてくると、深く沈んだ緑と紫の諧調が,太古、日本の朝ぼらけの姿を思わせるようで、よいものである。
 日中に幾日もつづけて開花し、花弁の基部がふくれて径10センチあまりになり種子が充満して、外皮を突き押し出している。種子が熟して、花弁は開く力が失せても、濃い紫と形は崩れず、蕾の姿のままで美しい。弁の長さは5センチほどである。
昭和初期のころ、秋がくると播州明石のうらさびた八百屋の店頭に、おそろしい刺だらけの実を売っていた。濃紫の花弁が堅く閉じたままなのが,頂端にくっついていて、鮮やかに目についた。5果20銭、謙遜な値だと、売っている老人の顔を見ながら思ったことである。1果に充満している種子を試みに数えてみたら、132個あった。大きなのは1センチ内外である。煎って食べるともちもちしていてうまい。机上でながめたあとで食べるのも楽しみである。
若い葉柄は「剥皮可食」その根は「煮食如芋」というがまだ経験せぬ。
種子は乾かさずにすぐまきつけると翌年発芽して花をつける。小さな植木鉢にまきつけてから水を張った広口の大きな甕かスイレン池に沈めておくと結構よくできる。日にうんと当てぬと持ち味のよさがみられぬ。

すり鉢で育てる
今夏、使わなくなったすり鉢で育ててみた.径30センチ、深さ14センチでちょっとかわいそうにも思えたが、どんなに小さく育てられるかやってみた。8月30日に花が初めて咲いた時には葉が4枚出ていた。10センチ×9・4センチ、10・6×10・9センチ、8・1×8センチ3枚に開きかけの小葉一枚の四枚である。水深2センチの浅い水から花茎を抜きでて、花の頂端までわずかに4センチ強で径1・2センチのかわいらしい濃紫の花をつけた。ほんとうに小さく矮化して、気の毒なようでもあるが、なかなか元気でトゲも荒々しく一面にでて「蛇は寸にして」の気概がみえ、ちっとも不自然に見えなかった。花蕾が少し貧弱で物足らなかったのは、やはり器が小さすぎたからであろう。粘土がかった田土で作るとよい。

昭和43年発行 八代田貫一郎著 「野草のたのしみ」より抜粋。

スポンサーサイト

テーマ:種を植えよう! - ジャンル:趣味・実用

コメント

おにばす!

うわぁ~育ててみたい! とマズ思いました。
でもどうするの? 鬼蓮を受け入れられる器があるかい? としばし自問自答。
そして直径30cmのすり鉢でも育てられたの記事を読んで、これまた迷っておりまする。
さすがにバケツぢゃだめですよね?

  • 2006/06/29(木) 14:56:11 |
  • URL |
  • 夢喰い #XwQjO5V6
  • [ 編集 ]

夢喰いさん

お願いしますm(__)m。
バケツでもトロ箱でも大丈夫です。
まだ小さいので、とりあえずバケツに沈めて
その間に大きな器を用意されてもオッケーですよ。
ご応募くださいm(__)m。

  • 2006/06/29(木) 19:21:52 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #ciZ.EuIc
  • [ 編集 ]

仮設バケツ

オニバスの苗、無事届きました。
「バケツでも」の言葉に背中を押されて・・・
ホントにとりあえず「仮設バケツ」につけました。
出来るだけ早く容器を探そうと思います。
届いた苗と仮設バケツの様子を記事にしました。
記事中からこの記事へのリンクとTBさせて頂きました。

  • 2006/07/01(土) 13:10:18 |
  • URL |
  • 夢喰い #XwQjO5V6
  • [ 編集 ]

夢喰いさん

押し付けちゃったみたいですが
栽培は楽らしいので
頑張ってみてくださいm(__)m。
メダカと田土を入れれば
ビオトープになりますよ。
器は何でもいいですよー。

  • 2006/07/05(水) 07:53:05 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomanohagusa.blog10.fc2.com/tb.php/217-76f7b78e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

かせつ

仮設

  • 2006/07/01(土) 13:05:55 |
  • 犬と歩けば

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。