ごまのはぐさのこまごまことのは

身近な野草についてあれこれと・・・。 日本の山野草を種子から育ててみませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淀川ちっちゃいもの倶楽部(3)


今回の主役はハナイバナ(ムラサキ科)。10cmくらいの茎に2mmくらいのちっちゃい水色の花を咲かせます。
同じ場所に生活する仲間のキュウリグサ(ムラサキ科)やマーシュ(オミナエシ科)と間違えられてしまいます。


キュウリグサはくるりんカールの花序を出します。
花の真ん中の黄色が目印です。


マーシュは茎の先にだけ花を密につけます。葉はすべすべ。


ハナイバナは花序を出さないで、茎のところどころで葉の内側に奥ゆかしく花を咲かせます。だから「葉内花」?花の真ん中は黄色くありません。葉はざらざら。


間違えないとは思いますが(^^)、ワスレナグサの花です。

見つかるかどうか、草っぱらを探してみましょう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomanohagusa.blog10.fc2.com/tb.php/209-1710fab6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。