ごまのはぐさのこまごまことのは

身近な野草についてあれこれと・・・。 日本の山野草を種子から育ててみませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒメフウロ(2)開花

2つずつ並んで蕾が付きます。


4月11日 今年初めての開花。まだ半開。花のサイズは径約1cm。おしべに注目。


4月12日 おしべの頭(葯=花粉袋)がなくなってめしべの根元の赤い子房が5つ見えます。


4月13日 2つ目の花が開花。1つ目よりおしべが少ない?


ところで右の花のおしべはどこへ消えたのでしょうか?


めしべの先に見える針のようなものが、葯の落ちたおしべです。開花後起き上がって、めしべの先に花粉をくっつけて受粉します(自家受粉)。受粉後葯はすぐに落ちてしまいます。
左の花のめしべの先をよく見ると黄色くなっていますね。黄色いのは花粉です。おしべが少なく見えたのは既に何本かのおしべが起き上がって、花粉を付けた後なのでした。

1つの花の寿命は3日ほど。
夏の盛りまで次々に花を咲かせます。

花が終わった後にどんな実が出来るかは、いづれまた・・・。

 関連記事 ヒメフウロ(1)葉っぱ
 関連記事ヒメフウロ(3)結実
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomanohagusa.blog10.fc2.com/tb.php/198-1832b892
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。