ごまのはぐさのこまごまことのは

身近な野草についてあれこれと・・・。 日本の山野草を種子から育ててみませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せんぶり 千振り  (リンドウ科)

 
 年配の方は胃の煎じ薬として、男性の方は毛生え薬の材料、若い人は罰ゲームに使われるお茶として、ご存知の方も多いと思います。
 味はとにかく苦いです。葉に触れただけで指が苦くなり、噛むと苦味で頭がくらくらします。味の暴力です。
 しかし秋に咲くその花は、まさに可憐な、野の花の宝石のようです。野に咲いたセンブリに出会うと、心が癒されます。

 昔は決して珍しいものではなかったそうですが、現在ではなかなか見つけられません。でも種子からの鉢栽培ができますので、お庭やベランダで美しい花を眺めることができます。ただし?二年草なので種子で更新する?発芽が小さいので流されない工夫?移植を嫌う、等管理に少し工夫がいります。
 野草は野にあってこそ、はその通りだと思いますが、一から育てあげて見る、花の美しさも格別です。種子は春ちゃんにお譲り頂けます。
スポンサーサイト

テーマ:■■季節の花■■ - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomanohagusa.blog10.fc2.com/tb.php/17-8390127e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。