ごまのはぐさのこまごまことのは

身近な野草についてあれこれと・・・。 日本の山野草を種子から育ててみませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おにしもつけ 鬼下野 バラ科

 信州の高原で初夏というと七月の上旬頃になります。そして初夏の高原に咲く花はまずスズランやササユリ等があげられますが、オニシモツケもちょうど同じ頃に群生して一斉に開花します。草丈は人の背丈まで伸び、大きな花穂に小さな花を泡立つように咲かせます。遠目にもなかなかの迫力ですが、観光ガイドなどではあまり取り上げられません。私もあまり関心を持ってみてきませんでした。
 可憐というには図体がでか過ぎますし(そもそも私は小さい花を偏愛する傾向があります)、花穂が茶色く汚れたような色で、近づいてまで見ようという気が起こらなかったのです。
 それが昨年偶然間近に見る機会があり、ようやくその花の美しさを知ることができました。大きさ8mmほどの桜のような花がびっしりと咲いています。長いおしべが繊細で、丸い蕾も珠玉のようで花穂全体が精緻な「花飾り」のようです。少なくとも間近で見る分には、古来美しいと賞せられるキョウガノコですら、野暮ったく思えるほどでした。

 与謝野晶子はシモツケの花を好んだらしく、シモツケを織り込んだ歌をいくつも作っています。 
  摘まれ来て露の乾かぬしもつけの花の卓の山の朝食
オニシモツケの名の由来ですが、その花の美しさを知った今は、鬼の娘が摘むにふさわしい花だから名付けられたのだと思っています。

 花後に見に行くと、柳の葉のような形の小さな果実を沢山実らせていました。少し採取して蒔いてみましたが、厚さ0.5mmにもみたない果実からちゃんと発芽するのか、あるいはシイナなのか、春が来るのが待ち遠しいです。

 ハーブでセイヨウオニシモツケというのがあったと思うのですが、Googleでヒットしませんでした。私の記憶違いでしょうか?ご存知の方はいらっしゃいませんでしょうか。
onisimotuke

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomanohagusa.blog10.fc2.com/tb.php/167-35b7c0a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。