ごまのはぐさのこまごまことのは

身近な野草についてあれこれと・・・。 日本の山野草を種子から育ててみませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種子はこうして保存しています

保存
カノコソウのように種子が羽でとんじゃうのは、ネットをかけて捕まえたりします。
 山野草の種子は、一般的にデリケートで保存すると発芽能力が急速に衰えるとされています。また特殊な保存をしないと休眠が解けないともいわれます。多くの園芸書でも野草の種子は採り蒔きか、休眠打破のため寒さに当てるように書かれています。
 その一方で多くの園芸種では、適切な方法で保存して彼岸から桜の開花シーズンを目安に播種するのが一般的です。
 私は園芸種でも、野生種でも基本的には同じ草本植物ならば、発芽の条件も基本的に同じではないかと以前から考えていましたので、今年は試しに全ての種子を春の彼岸蒔きにしてみました。

 結果は『雑草ちゃうで・発芽成績』に掲載していますが、現時点で113種中100種が発芽、90パーセントを超える種類が、春蒔きで発芽しています。苗床などには特別な工夫は一切なしで、以前紹介した記事「種子を蒔いてみましょう」の条件で播種しました。
結果から山野草の種子も殆どの場合は、常温で保存した種子を春蒔きしても発芽するようです。休眠打破とか難しいことは、ほんの一部の野草で見られる性質を、思い込みから確かめもしないで野草全般に当てはめているのではないでしょうか?翻って最良とされる採り蒔きでも発芽しない種子はたくさんあり、これまでの私の経験からはむしろ採り蒔きのほうが失敗が多かったように思います。
 良好な状態で保存した完熟種子を適期に蒔くこと、これは種子蒔きの普遍的な成功法則です。
 種子をご注文されたいとお思いになられている方の中には、種子の状態が良好か分かりかねて躊躇されている方もいらっしゃると思います。そこで私が実際に種子をどのような方法で保存しているか、紹介させていただこうと思います。かならずしも最良の方法だとは思いませんが、
上記の通り高い発芽成績をあげている方法です。

保存
 植物の種子はごく僅かな例外を除いて、果実の中に納まっています。見慣れたタンポポの綿毛つきのタネも、実は痩果といって果実の一種で、中に種子が一つ納まっています。この果実にもリンゴやウリのようなものもあり、そのバリエーションも様々です。私は基本的に全ての種子(痩果も便宜上種子とします)を、ジップ袋に入れて保存していますが、植物の種類に応じて少しずつ方法を工夫しています。

保存
 まず最も一般的な種子は熟すと果実が乾燥するタイプの種子です。上の画像はギボウシの果実が熟して裂けたところです。このような種子は半日から一晩陰干ししてからジップに入れて、室内の温度変化の穏やかな冷暗所に保存します。
 ビニールに入れると種子が呼吸できないという人もいますが、種子はとても代謝の低い状態ですので、ジップの僅かな隙間からの酸素で十分です。またビニールだとカビが生えるという人もありますが、ある程度乾燥していればそんなことはありません。健全な種子は菌の侵入に抵抗力を持っていますし、カビの生育にはかなりの湿度が必要です。私は逆にビニールだと種子の過剰な乾燥による枯死を防いでくれると考えています。重要なのは穏やかな環境で保存することです。

保存
 次にアケビやカラスウリのように湿った果肉に覆われた種子ですが、このようなものは、真偽はよくわからないのですが、乾燥させると発芽しなくなるという人もいます。実際はどうなんでしょうか?
 私はこのようなタイプは基本的に、果肉のついたままドライフルーツのようにして保存しています。蒔く直前に果肉を洗い流します。この方法で少なくとも半年以上は発芽能力は失わないのが多いと思います。普通に果肉を洗って乾燥保存でも大概は大丈夫なようにも思いますが・・・。
 人に教えられて果肉をきれいに洗って湿らせて冷蔵庫に保存したことがありますが、中でわんさか芽が出てしまいえらいことになってしまいました。
 
保存
 画像のネコノメソウやリュウキンカのように、湿地や水辺の植物で、自生状態では種子が一度も乾燥状態にならない植物の場合は、ごくごく僅かに湿らせた紙を添えてジップに入れて冷蔵庫の野菜室に入れています。この方法は今年初めてですので、来春播種して発芽状態を確認するつもりです。

保存
 フクジュソウのような早春に咲くキンポウゲの仲間は追い熟処理が難しく、保存が効かないという評判でしたので、これまで私自身種子を蒔いてみたことがありませんでした。 
保存
 しかし今年はネットに入れて上の画像のような状態で追い熟処理を試みてみました。まだ青い果実をこのような状態で茶色くなるまで明るい日陰で管理した後、今はジップで保存しています。これも彼岸蒔きをして成績をみるつもりです。
 
 私には種子を皆様に引き取っていただくまでは良好な状態を保つ責任がありますので、以上のようにちょこっと工夫をしています。しかし未熟者のやることですので、まだまだ至らない部分もたくさんございます。皆様にはご意見・アイデアなどございましたらお知らせいただければ、参考にさせていただき、より一層の品質改善に役立たせていただくつもりでいます。ご教授をお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

コメント

お久しぶりです

アップしていませんが着々と発芽、成長していますが二年草は問題です。
無事に夏越しできた確認方法はあるのでしょうか?
種子の採り方、ゴミネットとは気付きませんでした。
種子は欲しいがまだ熟していない・・・・完熟が欲しい・・・・でも次に見たときは飛んでしまった後。
こんなこともなくなりますね、完熟で採取できるのはうれしいです。
カビと乾燥を防ぐため、種子は紙に挟んでジップ袋に入れていましたが、
直接でも大丈夫なのですね。お気に入りは是非採取しておきます。

  • 2006/06/17(土) 09:56:31 |
  • URL |
  • yui #G6fPDlFQ
  • [ 編集 ]

戻って来たのですね!

頂いた種子、思うようにいっていません。
冬を越えられなかったのか?細々と芽が出ているのがそうなのか??
サッパリです。
犬との戦いが落ち着きましたら、写真を送りますので見て下さい。
犬ですが、3匹目など飼ってからは、毎日戦争です。

  • 2006/06/17(土) 22:05:07 |
  • URL |
  • かぶだよし #LWIOhipc
  • [ 編集 ]

yui さん

こんばんは。種子がお世話になっていますm(__)m。
さて2年草ですが、葉っぱがタンポポみたいに広がって成長します。
2年草に分類されるものは、リンドウの仲間以外は強健ですので
混み過ぎないように育てれば暑さも寒さ殆ど問題ないと思います。
ただ2年草といっても、成長の度合いで開花まで3年かかるときがありますので、ご承知おきください。

ネットは100均で買いました。
うちの種子配布活動は、100均なしでは成り立ちません(^^ゞ。
ジップに紙を挟むのは、そのほうが良いと思います。
丁寧にあつかってあげるに越したことはありませんから。
うちはものぐさなのと、在庫を把握できるようにシースルーにしています。

  • 2006/06/18(日) 21:57:40 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #ciZ.EuIc
  • [ 編集 ]

かぶだよしさん

どうもご無沙汰です。
種子をお送りしておいて
姿をくらましてすいませんでしたm(__)m。
さて、種子の状態ですが、画像を拝見してから
お応えさせていただきます。
駄目みたいだったら、うちのを何種類かお送りしますね。
ツルボは8本くらいありますんで
みんなお譲りします。

3人目がいたんですね。
もんちゃんが2人に増えたって焦りました。。。
今度じっくり過去ログを探らせていただきます。

  • 2006/06/18(日) 22:03:05 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #ciZ.EuIc
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomanohagusa.blog10.fc2.com/tb.php/162-e3556da2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。