ごまのはぐさのこまごまことのは

身近な野草についてあれこれと・・・。 日本の山野草を種子から育ててみませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みかえりそう 見返り草 シソ科

ミカエリソウ

ミカエリソウ

ミカエリソウ

 その花が振り返って見るほど美しいから「見返草」と名付けられたといいます。「見返美人」の連想とともにいかにか艶やかな花かと想像を膨らませますが、図鑑で見る写真や挿図ではもしゃもしゃ毛虫っぽくて、素直に綺麗だとは思えないでいました。写真写りが悪いのかとも思いつつどこかで拾い読んだ文章でさほど美しいものではないとか書かれていたりもします。いつか実物を見て確かめたいと、その花の咲く秋が来るたびに思い出しては気にかかっていたのですが、関西以西に分布の中心があるため、主に信州をフィールドとする私は出会うことが出来ずにいました。
 
 昨年の5月頃、ちょっと立ち寄った百貨店の園芸売り場の棚下でびっしり詰め込まれたミカエリソウの苗を見つけました。姿はだらしなく乱れ、どうやら昨年からの売れ残りのようでした。5号ポットと苗としてはかなり大きいのに値札には200円と投売り状態。あまりに無体な扱いにやはり名に実の伴わない花が咲くのかな・・・と疑いつつ、なおさら興味を惹き付けられて2株購入して持ち帰りました。
 余談ながら私が昨年お金を出して購入した野草はこの2株だけで、あとは種子か挿し芽で増やしたものばかりでした。
 名に草と付きますが茎は木質化し、この国のシソ科では唯一の低木に分類されるそうです。茶色く変色して残った昨年の茎に、今年芽吹いた緑色の新梢が接いで育つ枝振りといい、地を隠すように広がる幅広の葉といいシソいうよりアジサイそっくりです。花のない時期に山で出会ったら、ヤマアジサイと間違えるかもしれません。買ってきたものはぎゅうぎゅう押し込められていたのでひどい姿でしたが、元来の樹姿はなかなか端正なものだろうとうかがわせました。
 
 さて期待半分・疑念半分で庭に下ろして待つうちに枝ぶりは予想通り地に沿うてきれいになびき、秋が深まるにつれ評判の花穂も伸び始め、いよいよかー!!と咲いた花は、花穂は短く、色は褪せた感じであまりぱっとせず、綺麗と言えば綺麗けどやっぱりうーん・・・、な感じでした。人に問われてミカエリソウだと答えると、「名前負けしとるなー」と笑われる始末。

 そんなこんなで、この木が庭に植えられるというのは名を愛でてだろうと勝手に納得し、薄情なものでその後は殆ど省みることもなくなったある秋の日、なにげに前を通り過ぎて、思わず見返りました。辺りが薄紫の空気に包まれたような不思議な空間がそこにありました。いつの間にか大きな茂みになって、沢山伸ばした長い花穂に満開の花。翳りの見える秋の日差しに包まれて、沢山のおしべを出した花穂がまるで一つ一つ仄かに光を放っているようです。花を求めて蝶が群れ飛ぶのを見てなぜか竜宮のようだと見とれてしまいました。
 意気込んでカメラを持ち出したのですが、画像にするとぼやけたように見えてしまい、全くあの艶やかさが再現できていません。花には写真では実物以上に美しい印象となるものもあるのですが、こちらはまるで逆で写真写りで随分と損をしているようです(私の腕が悪いだけかもしれませんが(-。-)y-゜゜゜)。
 それにしても花の美しさというのはバラやユリのように一瞬に人目を奪うものもある一方で、この花のように振り返って見てしみじみと気付かされるものもあり、自然の創り出す造型のバリエーションの細やかで豊かなことは本当に限りがありません。
 そしてこの命名の妙、今度ばかりは名付けられたた人に脱帽です。
 
 全草に沈香を思わせる佳香があり、古風な美人の残り香を思わせてこれもミカエリソウの名に相応しいものと思います。
ミカエリソウ

ミカエリソウ

ミカエリソウ

ミカエリソウ

 花後にシソ科としては珍しく、平たい袋果が熟します。あまりに平たく形が不ぞろいでシイナばかりかと思っていましたが、蒔いてみると続々発芽して困るほどでした。その後の成長も早く、安値の理由はこの繁殖の容易さも一因でしょう。外見同様、アジサイと同じような管理でよく育つと思います。夏場の強光は避けたほうが良さそうです。耐寒性はありますが、寒冷地では簡単な防寒をしたほうが無難だと思います。
スポンサーサイト

テーマ:野草の写真 - ジャンル:写真

コメント

ひたってみたい

竜宮ですか。
その空気にひたってみたいです。
蝶たちは、その空気にも惹きつけられているのでしょう。
写真を見返すと、紫色が漂い出てくるような気がしました。v-518

  • 2005/12/09(金) 23:59:40 |
  • URL |
  • noel #z6XohUmo
  • [ 編集 ]

noelさん

そうですねー。浸るといった感じ、ですねー。
長らく海で泳いでいないので、
そういう感覚を忘れてました。
自生地では大群生するそうですので、
そんなところで浸ってみたいです。

  • 2005/12/11(日) 07:19:09 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #-
  • [ 編集 ]

振り返って見てみたい

お久しぶりです!
浸るのですか。いいですね~~。
そう言えば、お写真でも何かホワットした紫色の光のようなものが…
蝶が色の意味を気付かせてくれるような?
不思議な写真&お花ですね~♪
本当に、その名の通りの草花ですね。

ごまのはぐささんが送って下さった、ツルボなど、4種の種から芽が出ました!
近々にアップしますね。こんな寒い中、育つのか心配です!

  • 2005/12/13(火) 00:08:48 |
  • URL |
  • かぶだよし #LWIOhipc
  • [ 編集 ]

かぶだよしさん

種子がお世話になっておりますm(__)m。

そうです。浸るかんじです。
noelさんのおかげでやっと言葉が見つかりました。
そしてかぶだよしさんのおかげで蝶の役割にも気付きましたm(__)m。
とっても不思議な、オボロゲな記憶をたどるようなそんな感じの花です。

種子は、ガビガビに凍らなければ大丈夫でしょうが、
記事を拝見させていただいてから・・・。
ともかくおめでとうございますヽ(^。^)ノ。

  • 2005/12/13(火) 21:55:01 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomanohagusa.blog10.fc2.com/tb.php/129-f3943cc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。