ごまのはぐさのこまごまことのは

身近な野草についてあれこれと・・・。 日本の山野草を種子から育ててみませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こしおがま 小塩釜 ゴマノハグサ科


 
 キュッと口を結んだ蕾がなんともおかしい。花が開くと、雛が親鳥におねだりしているように見えて愛らしい。粘毛の密生した葉は光を浴びるときらめきます。
 
 おんたけでコシオガマと初めて出会ったのは、4年前の晩秋に村道を歩いていた時でした。路傍のゆるい斜面の短く刈られた芝の中に、小さな草が一本だけ抜きでて、鮮やかなピンクの花を咲かせていました。花が可愛いので意識して残されたのか、草刈後に育ったのか・・・。その斜面は今はコンクリートでしっかりと固められています。
 翌年おんたけの麓の別の小さな空き地で、ヨモギやカヤの生い茂る中でコシオガマが群れ咲いて、草はら全体が茜色に染まっているのに出会いました。素晴らしい眺めに秋が来るたびに通っていたのですが、昨年訪れるとコスモス畑になっていました。
 
 コシオガマは半寄生植物といわれます。地上部では緑の葉で光合成を行いつつ、地下では他の植物の根に寄生して水や養分を横取りするというのです。
 草丈の割りに根の発達が悪いので、寄生の件はいかにもありえそうですが、私はシオガマギク同様に寄生が生育のための絶対条件ではないと思っています。
 一昨年の春に駄目元でルリハコベの鉢植えに種子を蒔いてみると非常に良く発芽して、そのうち5株が順調に成長、ルリハコベ枯死後も成長を続け、全株開花し種子も沢山採れました。このことから、寄生するとしても生育の全期間にわたって寄主に依存する必要はないのではないでしょうか。去年は試しに種子からポット栽培したところ貧弱ながら蕾をだしたものもありましたが、台風のもたらした塩害で全滅してしまいました。

 ところで先に書いた通り、私が知る自生地が消滅してしまい、また我が家のものも全滅と、途方にくれていたのですが、以前種子を里子に引き取っていただいたMIWA@岡山さんが、上手に育てていただいていて、本当に助かりました。今後はしっかり管理して、近い将来に野に返せるように増殖を図ろうと考えています。

 昨年の晩秋にコスモス畑を探すと、すみっこでほんの小さなコシオガマが一本だけ種子をつけていました。なんとか来年も芽を出して、生き延びてくれるでしょうか。一年草ですので、休眠種子も土中に残っていると思うのですが…。
                                   画像提供 MIWA@岡山
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomanohagusa.blog10.fc2.com/tb.php/126-707f23f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。