ごまのはぐさのこまごまことのは

身近な野草についてあれこれと・・・。 日本の山野草を種子から育ててみませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうして種子をお配りするかといいますと・・・ 一部改定

 まずは、ちょっと関係ないようですが・・・

 私たちは近代文明の発達で便利で豊かな生活を手に入れたと言われています。私たちが人生を楽しむために森を切り拓き、川をせき止めて護岸をコンクリートで固め、湿地は埋め立ててアスファルトを敷き詰め、山奥まで車道を作ってゴルフ場を作り、畑には農薬をまき、生き物を改造して家畜や野菜とし、邪魔な猛獣や役に立たない雑草は追い払い、カビやダニの類まで抹殺し、自分たちにとって都合の良い植物や動物と入れ替えてきました。
 その成果として私たちは、人類が誕生する以前からこの国に暮らし、共存してきた動植物や細菌の類にいたるまでその生態系を破壊し、大量に虐殺し、多くは完全に根絶し、さらに殆どを抹殺できそうな勢いです。人類のお気に入りの生物を除いて・・・。かろうじて生き残ったものは山や河原の隙間、あるいは動植物園に追い込んで囲い込み、人間が趣味で楽しむ「自然観察」に使うために残されることになるでしょう。

 人類はこの地球上の長い生命の歴史の中で生まれ、つかの間の繁栄の後には姿を消すことになります。かりそめにも地球の主などと言えるような存在ではありません。そんな人類が、人類の滅亡後まで修復不可能なほど、地球の自然環境を痛めつけてしまっていいのか、と思うのです。そしてそのような文明が、果たして優れた文明と呼ぶに値するのかと疑問に思うのです。
 そもそも私たちの文明と呼ばれるものを支える石油・石炭の化石燃料は、かつて繁栄した豊かな自然の残した遺物であることを思い出せば、私たちの文明の力が自然への過大な依存の上にかろうじて立脚していることは明らかです。

 人間のみならず、全ての生き物は環境や他の生物に対して影響や改変を加えることなく生きていくことはできません。特に自ら光合成できない動物の類は、植物に依存するパラサイトであり、植物を捕食し環境を破壊します。人間が畑を作ったり、家を建てたりするのは、アリが巣を作りキノコを栽培するのと何ら変わりはありません。しかしアリの場合はいくら繁栄しようと、自分たちの周りの生き物を根絶するような深刻な影響を与えることはまずありません。 
 そしてかつての人間の生活もそうでした。特にかつてこの国に暮した人間は、自然を改変し、利用しつつも決して過度に痛めつけることがないように、細心の配慮を払うことを忘れませんでした。そのため人類の贅沢は制限されましたが、代わりに豊かな自然が残りました。それどころか、絶えず人間の手入れがなされる人里近くでは、人類と共生する多様で豊かな生態系が育まれ、文明は破壊をもたらすが、配慮次第ではその後の再生でより豊かな発展を促すこともできる、という一つの証明ともなりました。

 百数十年前かつて西洋人によって「発見」されたこの国土はかつて地球上で最も美しい自然に恵まれた大地の一つだと賞賛されました。そして西洋文明と比較して日本文明が奇跡だと呼よばれたのは、洗練された文明が自然と互いに調和をとりながら豊かに発展しうるための偉大な知恵を育んでいたからでした。 
 最近は外来生物による在来生物の淘汰の問題が、よく話題として取り上げられるようになりました。多くの場合在来の生物は外来種より競争力が弱いのだとされています。ですが私は外来種の氾濫の原因はそのようなことではなく、日本人独自の自然観や価値観が急速に衰退し、偉大な知恵が失われつつあることが、人間の生活と共にあることでバランスを保ってきたこの国の自然・生態系に深刻な影響を与えているのだと感じています。当然その影響は人間自身にも跳ね返ってくることになります。

 私たちは道に生えた一本の草を抜くとき、ただのちっぽけな雑草一つだと思いさして気にもとめません。でも私たちだって、ただのちっぽけな一人の人間に過ぎません。しかしそれでいて、どちらも互いに大きく広がった自然の網の目の、繋がりの一部でもあるのです・・・。
  【“どうして種子をお配りするかといいますと・・・ 一部改定”の続きを読む】
スポンサーサイト

山野草の種子差し上げます。

ヤマエンゴサク
ヤマエンゴサク
 
 皆様ご無沙汰しております。ご協力いただける方もいらっしゃるおかげで、今年も沢山の種子を提供させていただいております。
 ところで上の画像のヤマエンゴサクをはじめセツブンソウ・オウレンなどの春の妖精と呼ばれる植物の種子は採り蒔きといってできるだけ早く蒔きつけることが成功の近道とされています。
 少し難しいかな?と敬遠されていらっしゃる方も、この際思い切ってチャレンジされてみませんか?

種子分譲サイト「雑草ちゃうで」http://www.occn.zaq.ne.jp/gomanoha/index.html/の種子リストをご参照のうえ、ぜひともお申し付けください。身近に野草に興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひお誘いあわせの上お申し込みください。よろしくお願いしますm(__)m。

現在「雑草ちゃうで」の画像つきデータベースを製作中です。ちょっとした栽培のヒントになる情報を少しずつupしていくつもりです。しばらくお待ちください。

種子の交換について

ヒンジガヤツリ
ヒンジガヤツリ(品字蚊帳吊り・カヤツリグサ科)

 ぶっちゃけて申しますと、私が野草の種子をお配りしている大きな理由の一つは、雑草として見過ごされがちな路傍の小さな野の草も、身近においてよく観察していただければ、美しい高山植物や珍しい野生ランにまったくひけをとらないほど魅力的だということに気がついていただけるのではないかと考えてのことです。
 ですから種子をご依頼いただいた方には、(ほとんどの方が花の美しい有名種・珍貴種をご希望されます)従来あまり注目されなかった野草の種子をオマケとして数種お譲りさせていただいています。野草の栽培本に載らないような野草にはほとんどご依頼がない現状では、そうでもしないと前記の私の目的が達成されないからです。

 従来種子の分譲につきましては、できるだけどなた様にも等しい条件で貰っていただけるようにと考えてきました。しかし現状ではどうしても一部の種子にご希望が集中してしまい、在庫に著しい差が出てきてしまいました。
 そのため一部の在庫の少ない種子に関しては分譲にあたって条件をつけさせていただくことにさせていただきました。
 
1、皆さんと分け分けできる新鮮な在来野草種子をご提供いただける方(分量としては5ポット分くらいから・原則リストにないものをお願いいたします)。特に珍しいものを求めているのではありません。あなたが魅力的だと思っている、在来野草を教えてくださいm(__)m。
2、お譲りしたうち指定した植物が結実した際に種子をこちらにご返還いただけるとお約束いただける方。
3、クソニンジン・プロジェクトにご協力いただける方。
4、私が個人的に求めている野草種子をごく少量からお譲りいただける方(後述)。

 
 勝手なお願いだと思われるかもしれませんが、どうぞ譲り合い・助け合いの精神をもって、ご理解ご協力いただきますようお願いいたしますm(__)m。もちろん指定種以外につきましては従来とおりお譲りさせていただきますどうぞ貰ってやってください!!  ごまのはぐさ

種子分譲 雑草ちゃうで 【“種子の交換について”の続きを読む】

種子蒔きシーズン到来!!

ヤナギラン
ヤナギラン(アカバナ科ヤナギラン属の多年草)

 山野草提供種子リストを大幅更新しました!!
初心者の方はもちろん、リピーターも大歓迎ですので、何度でもご遠慮なくご注文ください。
一部在庫に限りがございますので、強くご希望のものはお早めにご依頼ください。
 
 「雑草ちゃうで」http://www.occn.zaq.ne.jp/gomanoha/index.html/

 ようやく暑さも和らぎ、朝晩は過ごしやすい季節となってきました。馬肥ゆる秋といいますが、暑さの和らぐ秋は、日本在来の植物の多くの2年草・多年草にとっては冬に備えて力を蓄える成長期でもあります。これから10月はじめあたりまでが(地方により差はありますが)、秋の種子蒔きの適期となっております。どうかこの時期を逃さずチャレンジされますようおすすめいたします。
 
 ヤナギランのような高嶺の花でも、種子からなら平地でも発芽1年未満で立派に育てて花を咲かせることができます。千鳥屋さんの「ヒメハギ観察日記」の記事をご参照ください。
 また大半の1・2年草の野草は大変に強健でこの国の気候にも順応していますので、とても育てやすいものです。
 実生栽培は面倒・時間がかかるという先入観を持たれているかた、どうぞこの機会にお試しください。初心者向きのものもご用意しております。

オニバス苗の里親を募集します。 終了しましたm(__)m。

onibasu

 訳あってオニバスの実生苗が余っています。我が家はベランダ園芸ですので、2~3株の栽培が限度ですので、一株ずつ里親になっていただける方を募集いたします。
 オニバスはかつて平地のため池に多く自生していた葉の直径2mにもなる水草ですが、環境の悪化により絶滅が心配されるまで減少している植物です。池に植えれば大きくなりますが、直径50cm程度の火鉢や甕でもコンパクトに育てられるそうです。花は愛らしく、実は食用にります。一年草ですが一株でも閉鎖花で沢山種子を実らせますので、種子を保存して毎年楽しめます(つまり冬場は世話要らず!!)。
どうか引き取って育ててやってくださいませm(__)m。
 ただし条件として恐れ入りますが、?種子が採れたら必要な分を残してこちらにご返送ください。貴重な植物ですのでみんなで分け分けして育てましょう。?速達での発送を考えていますので送料として300円程度ご負担くださいm(__)m。?日照を好み生育適温は水温27度です。寒冷地の方は加温設備が必要となります。?ノークレーム・ノーリターンでお願いします。(その代わり栽培に失敗されても、こちらから責めるようなことは絶対ありませんので、ご安心ください(^^)。)二次配布もお断りします。
 募集定員は5名様まで。十分な設備のお持ちの方には2株以上の分譲も考えております。締め切りは2006年7月1日21時とさせていただきますが、定員に達し次第終了とさせていただきます。
どうぞご応募お待ちしておりますm(__)m。
 終了しました。ありがとうございましたm(__)m。
本サイト 雑草ちゃうでのメールフォームか、当ブログ左側のメールフォームからお問い合わせください。お返事は夜間になりますのでご承知置きください。

 花の画像はnojinさんのブログ「みつけたよ ~お茶の国から~」の記事オニバス2ご覧になれます。

 以下参考までに30cmのすり鉢で育てたという、園芸家八代田貫一郎氏の名著から引用させていただきます。

【“オニバス苗の里親を募集します。 終了しましたm(__)m。”の続きを読む】

テーマ:種を植えよう! - ジャンル:趣味・実用

山野草の種子を差し上げます。

miyamaennreisou.jpg

 ご協力くださる皆様のおかげもありまして、山野草分譲種子リストが大幅に更新されております。
本サイト 雑草ちゃうでをご覧のうえ、お気軽にご注文をいただきますようお願いいたしますm(__)m。
今回のお勧めは、庭で採れたミヤマエンレイソウの種子です。鮮度が落ちると発芽が遅くなります。お早めにお申し込みくださいm(__)m。

enreisou

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

山野草の種子はこうして発送します

保存
 山野草種子のご注文をいただきますと、種類ごとにまとめて保存している種子を一つずつ「お薬包み」にします。水気の必要な種子の場合は、ジップに入れてお送りします。一袋あたりの分量は、ポット1~3個分に十分な量をお入れします。手持ちの数が少ないものや人気のある種子はどうしても少なくなりますが、できるだけ分量を多く入れるように心がけています。山野草の種子はどうしても市販の園芸種よりは発芽率が低くなりがちだからです。

発送
 種子の包みはさらにジップに詰め込んで口を閉じて封筒に入れます。押し競饅頭にするのは、クッション効果を期待してのことです。また封筒の厚みが足りない(1cm以下)と選別機械に封筒をプレスされて、中の種子も潰されてしまうからです。厚みを出すために種子の袋に「プチプチ」を巻く場合もあります。種子は小さいのでわかりにくいのですが、意外と物理的なダメージに弱いので、輸送時は特に気を遣います。

2006--6--10-onnttake-171.jpg
 種子は第4種植物種子と朱記してお送りいただいた封筒に入れて発送いたします。
第4種植物種苗と朱で書いて、「開封」といって包装の一部に穴をあけたり、切れ目を入れて中身を覗けるようにしておくと、定形外でも重量単位で特別に安い料金で配達してもらえます。詳しくは国内郵便料金表をご覧ください。第4種便ですと大きさに関係なく50gまで70円で済みますが、通常郵便の場合、封筒の厚みのため定型外となり種子の送料は130円以上となってしまいます。
 なお第4種便には信書は添えられない決まりとなっていますので、手紙類は同封できません。品物だけ送られて無礼に思われる方もおられるでしょうが、悪しからずご了承くださいm(__)m。

 種子をご注文いただいた場合、返送用の封筒が到着してからできるだけ2~3日中には発送させていただきますが、諸事情で少し遅れる場合もございます。また郵便局員が第4種便になれていないため、10件に1件位の割合で著しい遅配が起こっています。到着が遅いと感じられたら、遠慮なくお問い合わせください。

種子はこうして保存しています

保存
カノコソウのように種子が羽でとんじゃうのは、ネットをかけて捕まえたりします。
 山野草の種子は、一般的にデリケートで保存すると発芽能力が急速に衰えるとされています。また特殊な保存をしないと休眠が解けないともいわれます。多くの園芸書でも野草の種子は採り蒔きか、休眠打破のため寒さに当てるように書かれています。
 その一方で多くの園芸種では、適切な方法で保存して彼岸から桜の開花シーズンを目安に播種するのが一般的です。
 私は園芸種でも、野生種でも基本的には同じ草本植物ならば、発芽の条件も基本的に同じではないかと以前から考えていましたので、今年は試しに全ての種子を春の彼岸蒔きにしてみました。

 結果は『雑草ちゃうで・発芽成績』に掲載していますが、現時点で113種中100種が発芽、90パーセントを超える種類が、春蒔きで発芽しています。苗床などには特別な工夫は一切なしで、以前紹介した記事「種子を蒔いてみましょう」の条件で播種しました。
結果から山野草の種子も殆どの場合は、常温で保存した種子を春蒔きしても発芽するようです。休眠打破とか難しいことは、ほんの一部の野草で見られる性質を、思い込みから確かめもしないで野草全般に当てはめているのではないでしょうか?翻って最良とされる採り蒔きでも発芽しない種子はたくさんあり、これまでの私の経験からはむしろ採り蒔きのほうが失敗が多かったように思います。
 良好な状態で保存した完熟種子を適期に蒔くこと、これは種子蒔きの普遍的な成功法則です。
 種子をご注文されたいとお思いになられている方の中には、種子の状態が良好か分かりかねて躊躇されている方もいらっしゃると思います。そこで私が実際に種子をどのような方法で保存しているか、紹介させていただこうと思います。かならずしも最良の方法だとは思いませんが、
上記の通り高い発芽成績をあげている方法です。
【“種子はこうして保存しています”の続きを読む】

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

種子分譲開始しました

nekonomesou.jpg

本サイト 雑草ちゃうでで山野草種子の分譲を開始いたしました。
今月のお勧めは、ネコノメソウ・シリーズです。
お気軽にご注文をいただきますようお願いいたしますm(__)m。


この記事は書きかけ記事ですので、後に加筆修正しますm(__)m。

種子分譲再開いたします

ノハナショウブ
実生・発芽3年目で開花したノハナショウブ 86KB - 800 x 601 (画像/jpg)

 種子分譲6月1日から再開いたします。
雑草ちゃうで
http://www.occn.zaq.ne.jp/gomanoha/index.html/

今年度は昨年以上に「雑草系山野草」に力を入れるつもりでおります。昨年同様お気軽にお申し込みくださいますようよろしくお願いいたしますm(__)mm(__)m。 【“種子分譲再開いたします”の続きを読む】

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。