ごまのはぐさのこまごまことのは

身近な野草についてあれこれと・・・。 日本の山野草を種子から育ててみませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みずあおい 水葵 ミズアオイ科

 昨年の今頃、岡山県倉敷にお住まいのくらちゃんから、大きな茶封筒が送られてきました。中に入っていたのはジップ袋に水に浸かったミズアオイという植物の種子でした。
 
 ミズアオイというのは、金魚鉢に浮かべる浮き草としておなじみのホテイアオイの仲間で、ホテイアオイは最近外国から入ってきた移入種ですが、ミズアオイは古くからこの国にあった水田の雑草だったそうです。だったといういうのは、近年急激に数を減らし絶滅が心配されて各地で保護されてやっと生きながらえているというのが現状のようだからです。
  
 岡山県倉敷にはミズアオイの群生地があり、岡山大学の先生が中心となって地元のボランティアとともに大切に保護されています。しかし盗掘や踏み荒らしが絶えないので看板を立ててミズアオイの種子を無料で分譲しているそうです。くらちゃんもこの大学の先生から種子をいただいて、ご自分でお育てになったものから、皆さんにお配りしてくださいとこちらに沢山お送りくださったのです。
 
 ミズアオイという植物に関して、一般的にあまり知られていないのか、あるいは栽培が難しそうという印象があるのか(わたしもそういう印象をもっていました)、昨年はあまりご希望いただく人がいなかったのですが、育ててみるとベランダでも全然簡単で、しかもその花は、この国の野草では最も美しいものに数えられるほど、清楚で華やかでした。
 これはぜひとも皆さんにもお育ていただければもったいない!!ということで、我が家での栽培経過報告とともに、ミズアオイについて紹介させていただきます。

ミズアオイ
 冬の間、ミズアオイの種子は乾燥に弱いということで、水に浸したままジップに閉じて、紙袋に入れて、冷蔵庫の野菜室に保存していました。ミズアオイの種子は発芽が難しいという人もありますが、性質を知っていればよく発芽させることができます。ミズアオイは無酸素状態(水に完全に浸って外気に触れないということ)で日光が当たって、水温が一定以上に上がると(田植えごろの田んぼの水温くらい)発芽が始まるのです。ということで彼岸ごろに出してきて、コップに入れて窓辺に置いていたところ、ほんの数日で発芽が始まってしまいました。発芽まで時間がかかると思っていたので、これは誤算でした。

ミズアオイ
 ミズアオイは単子葉植物といって、イネやユリの仲間と近縁の植物です。よく見るとイネの発芽に似ています。
 実はわたしは、この時点でミズアオイは「浮き草」だと思い込んでいまして、水槽で浮かべて一ヶ月ほど育てていました。いつまでたってもモヤシ状態で成長が芳しくないので調べたところ、泥の中にしっかり根を張って生活する植物だと判明、急いで田土を買ってきて田植えの要領で植え込みました。

ミズアオイ
 定植後1ヶ月、6月の様子です。底をふさいだ鉢に田土で植えて水をひたひたにして管理しています。成長が早く間引いても間引いてもすぐに一杯という状態です。
 葉の形は最初は細長いですが次第にへら型、さじ形、トランプのスペード型となります。葉の展開の仕方はイネやサトイモに似ていますが、ちょっと変わっていますので、お育てになって観察されてください。
 植物体は軟弱で簡単に折れますが、すぐに新しい葉を出して復活し、お百姓さんを困らせた強害雑草の片鱗を垣間見せます。

ミズアオイ
 2ヶ月後の様子です葉の幅は10cm。とにかく水と肥料が好きでどんどん大きくなります。肥料は固形肥料を思い切って投入しますが特に害はなく青みを帯びた濃い緑色の葉がツヤツヤ美しくなります。ミズアオイの名は水辺に生えてフタバアオイのように艶のある美しい葉をつけることから名づけられたそうです。花がなくとも暑い夏に茂る葉は涼しげで十分に観賞価値があります。
 これくらい大きく密植状態になると毎日バケツ一杯くらいの水を飲みますので受け皿では留守がちの我が家では心もとないので、たる型のプランターの底をふさいで水を張って沈めました。
 貪欲なまでに水と肥料を吸い上げて成長を続けるミズアオイを見ていると、決して地力も水も豊かでなかったこの国で、懸命に工夫して稲を育てていたお百姓さんをどれだけ苦しめたのか、ちょっと空恐ろしくなります。
 しかし園芸をとして楽しむ立場からすれば、失敗の原因トップ項目の肥料やりすぎ、水やりすぎ、による枯死の心配がほぼありませんのでありがたくはあります。水ヒタヒタなのでなめさんも寄ってきません。ただ水枯れだけはてきめんに葉を傷めてしまいますので、水はできるだけひたひたにしておきます。

ミズアオイ
 図鑑では8月から9月に花が咲くとあり、よそではもう花が咲いたという知らせが届き、やきもきしだしていた9月の10日ごろ、ようやく花芽らしいものを見つけました。根元から花茎が出てくるのかと思ったら、葉柄の途中が膨らんできました。やはり一年草というのは花を咲かせないと絶えてしまいますので、どうなっても花を咲かせようとするようです。

ミズアオイ

 これも見る間に大きくなり。花芽発見から5日で早くも開花が始まりました。
  【“みずあおい 水葵 ミズアオイ科”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

からすのごま 烏の胡麻 シナノキ科

カラスノゴマ

カラスノゴマ

 カラスノゴマは山野の路傍や畑・岩場などに生えるという一年草です。草丈は30cmから50cmほどで草姿全体の印象は、ホウヅキを小型にしたような感じですが、葉は質が薄くカサカサして全体に細かい毛が密生しています。
 初秋に咲く花は径2cmほどで黄色い5枚の花弁が輝くようで、間近に見ると美しい花なのですが、葉の脇に隠れるように俯いて咲くため、野原ではあまり目立たない存在かもしれません。
 私は名前が面白いので興味を惹きつけられて知人から種子を譲り受けたのですが、育ててじっくり観察してみると面白いのは名前だけではなく、図鑑などでのパッと見の印象よりもずっと個性的で魅力的な植物なのでした。

カラスノゴマ

 カラスノゴマの花は、めしべを取り囲んで長く伸びた、5本の仮おしべという花粉を出さないおしべが特徴的です。めしべの根元にあるくの字型に曲がった短いのが本物の花粉を出すおしべです。
 仮おしべというのは、自身は花粉を出さないのに、なんでこんなに威張っているのでしょうか?この仮おしべの役割というのは、諸説あるようですが私は、自家受粉するためにあるのではないかと推測しています。
 咲き始める前の仮おしべは短くて、おしべに半ば埋もれています。その時にはおしべは既に葯を開いて花粉を出していますので、仮おしべには沢山花粉がまぶされることとなります。やがて花が開くと仮おしべがにゅにゅーっと伸びて、めしべの先に花粉をくっつけて受粉させるのです。まだるっこしいようですが、この方法だと昆虫によって花粉が運ばれて他花受粉される可能性も十分あり、もしも昆虫がこなくても、自家受粉によって確実に種子を付けることができるという仕組みです。他花受粉するためには、あるいは花粉を出さない雌性花があるかもしれません。

カラスノゴマ

 受粉した花は下向きに角状に細長く伸びて3cmになり、ぶら下がります。なかなかユーモラスな形ですが、秋に熟して裂ける様子はさらに興味深いものです。

【“からすのごま 烏の胡麻 シナノキ科”の続きを読む】

テーマ:野草の写真 - ジャンル:写真

ひきおこし 引き起こし シソ科

ヒキオコシ
145KB - 800 x 675 (画像/jpg)ヒキオコシ
104KB - 800 x 610 (画像/jpg)
 ヒキオコシは山の里近くの日当たりに見られるシソ科の多年草です。太い地下茎から四角く硬い茎をまっすぐに伸ばし、花期には人の背丈にも届くほどでシソ科では最大級の野草です。
 対生する葉は卵を心持ち細長くした形で、黄緑色に僅かに青みがかった光沢を感じさせる表面には細毛が密生しています。
 葉姿はカラムシによく似ていますが、触るととてもよい香りが立ち昇り、シソ科の仲間だと容易に判別できます。もしも鼻が詰っていても、その触れた手を舐めるだけでも強い苦味を感じることで、ヒキオコシの仲間だと知れます。

 ヒキオコシとは「引き起こし」と書きます。いわくありげな名前です。
 昔弘法大師が旅の途中、腹痛に苦しむ行者にこの草の絞り汁を与えたところ、たちどころに快復したために、病人を引き起こす薬草としてこの名になったと言われています。
 薬効としては強い苦味成分で唾液や胆汁の分泌を促す苦味健胃剤とされましたが、乾燥すると苦味成分が抜けやすいため、薬草として流通することはほとんどありませんでした。
 しかし最近では研究されてエンメイインなどという複数の抗菌・消炎成分が含まれることが分かり、美白化粧品や育毛剤・健康飲料などに盛んに利用されるようになりました。効果が薄れやすいというのは反面、体に優しく副作用が少ないということでもあるのです。
 木曽地方では「御嶽延命茶」という健康茶が売店・自販機でも売られていますが、その材料にもヒキオコシが使われています。
 ところでこのような薬草の仲間は、成分分析だけでは解明されない不思議な薬効があり、現在でも欧米で盛んに研究されています。
  【“ひきおこし 引き起こし シソ科”の続きを読む】

テーマ:野草の写真 - ジャンル:写真

みかえりそう 見返り草 シソ科

ミカエリソウ

ミカエリソウ

ミカエリソウ

 その花が振り返って見るほど美しいから「見返草」と名付けられたといいます。「見返美人」の連想とともにいかにか艶やかな花かと想像を膨らませますが、図鑑で見る写真や挿図ではもしゃもしゃ毛虫っぽくて、素直に綺麗だとは思えないでいました。写真写りが悪いのかとも思いつつどこかで拾い読んだ文章でさほど美しいものではないとか書かれていたりもします。いつか実物を見て確かめたいと、その花の咲く秋が来るたびに思い出しては気にかかっていたのですが、関西以西に分布の中心があるため、主に信州をフィールドとする私は出会うことが出来ずにいました。
 
 昨年の5月頃、ちょっと立ち寄った百貨店の園芸売り場の棚下でびっしり詰め込まれたミカエリソウの苗を見つけました。姿はだらしなく乱れ、どうやら昨年からの売れ残りのようでした。5号ポットと苗としてはかなり大きいのに値札には200円と投売り状態。あまりに無体な扱いにやはり名に実の伴わない花が咲くのかな・・・と疑いつつ、なおさら興味を惹き付けられて2株購入して持ち帰りました。
 余談ながら私が昨年お金を出して購入した野草はこの2株だけで、あとは種子か挿し芽で増やしたものばかりでした。 【“みかえりそう 見返り草 シソ科”の続きを読む】

テーマ:野草の写真 - ジャンル:写真

スズメウリ

スズメウリ

 スズメウリは名の通り、原野や水辺に生えるウリ科に分類される細長いつる草です。前回紹介した同じウリ科のゴキヅルが水辺のみに生えて猛烈に蔓延るのに対し、スズメウリはもう少し乾いたところにも生え、アシや木の枝に巻き付いて成長し、群生することはあまりないようです。全体になよなよと頼りない印象ですが、つる自体は丈夫で千切れにくいものです。

 ところで植物図鑑に「原野」という言葉がよくでてきますが、どのような所をイメージされますか?一時『「原野」商法』というのが話題になりましたが、一般的には人手の入らない草地や藪などはすべて「原野」ということになりそうです。しかし植物図鑑で「原野」とされるのは、「氾濫原野」のことを指示しています。
 では「氾濫原野」とはどんなところでしょうか?
 通常私たちが暮す町を流れる川は、堤防によって囲まれています。これは大雨の時に溢れて洪水にならないようにですね。でももしも洪水になったらどうなるでしょうか?家も木も畑もみんな流されてしまいます。それだけでなく上流から流された土砂で泥まみれに埋まってしまいます。かつて、堤防のなかった時代は大雨のたびに洪水になるのが普通でした。その大雨のたびに流されて泥を被るようなところを「氾濫原野」というのです。そんなところでは、肥沃な土壌が洪水のたびに積み重ねられるのですが、泥流のため森林は形成されず、また流されてくる生物や水や餌をを求めてくる生き物たちの坩堝となり、バラエティー豊かな動植物相が発展しました。人類の穀物農業だって氾濫原野を耕作することで始まったものですから、人類も原野で発展した生き物の一つに数えてもいいかもしれません。
 現代の日本では川は上流のダムでせき止められ、堤防で囲まれ、人間の暮す土地はほとんどがアスファルトやコンクリートで舗装されて「原野」はほとんどが消滅させられました。
 その結果原野の生き物たちの多くは、今や干上がる池に残された水溜りにもがく魚のように追い詰められています。そしてその水が完全に干上がるときには多くの生き物の命が失われるのみならず、新たな生物を生み出す命の揺りかごをも同時に失われることにもなります。現にRDBのリストの多くは原野を生活の中心とする生き物たちで占められています。

 話が大分横道に逸れました・・・。 【“スズメウリ”の続きを読む】

テーマ:木の実、草の実 - ジャンル:写真

ゴキヅル

ゴキヅル
 ゴキヅルはウリ科といってヘチマやカラスウリの仲間で、根元が水に浸かるような水辺に蔓延るつる草です。
 かつては農地の厄介な雑草だったそうですが、最近は全国で姿がみられなくなってきているそうです。でも淀川ではまだ普通に見られ、あるところではつる同士絡みあって折り重なり、浅瀬の浮島状態になっているところもあります。

ゴキヅル
 一年草ですが発芽後株元からおびただしいつるを伸ばして盛んに成長します。葉は三角形にギザギザで、つるに互い互いに付きます。初秋に葉の脇から沢山花穂を出して小さな花を咲かせます。

ゴキヅル
 花は大きさ約5mm、ウリ科に多い雌雄異花です。花穂の上部から咲き始め、上部には雄花が多数付き、下部に1個の雌花が遅れて咲きます。

【“ゴキヅル”の続きを読む】

テーマ:野草の写真 - ジャンル:写真

クソニンジン

670×572
 ちょっと呼びにくい名前ですが、標準和名として図鑑でもこう記載されていますので、伏字せずに表記させていただきます。
 
 この野草名前のインパクトが強すぎるためか、あまり一般的に知られた野草ではないようです。でも同じく気の毒な名前のヘクソカズラがGoogle検索で72,800件ヒットするのに対してクソニンジンではわずか241件というのはあまりに認知度が低いように思います。
 
 クソニンジンは名前にニンジンと付きますが、キク科ヨモギ属の大型の一年草です。草丈は2mを超えることも普通です。9月6日の記事でとりあげたカワラニンジンとはごく近縁で姿も似通っていて、生育環境もだぶり混生しているところも見られます。この野草はカワラニンジン同様印象があまりに雑草然としているために気付かれないのですが、案外身近な空き地や道端でも雑草として生えていたりします。基本的には平地の水辺や湿地を好むのですが、うちの近所では十三のネオン街の路地裏とか、神崎川沿いの工場の跡地だとかでも群生していることがあります。ただしそんなところではひょろひょろと背丈ばかり伸びたアスパラみたいな姿で、上の画像のように見事に育ったものには出会えませんが・・・。
 ともあれ皆さんのご近所でもきっと見つかりますので、興味を持たれましたらお暇なときにでもちょっと探されてみてください。
【“クソニンジン”の続きを読む】

テーマ:野草の写真 - ジャンル:写真

アキカラマツ

 キンポウゲ科の植物というのは、繊細で美しい花を咲かせるものが多く人を惹きつけるものがあります。たとえばレンゲショウマやキンポウゲの仲間、フクジュソウやニリンソウなどの春の妖精、オダマキの仲間、クレマチス・トリカブトもキンポウゲ科です。美しいだけでなくあるものは山菜として利用され、多くは薬用とされあるいは猛毒植物として忌避されたりと、様々な形で人間生活と関わりあっています。
 アキカラマツはそんなキンポウゲ科植物の中でも、この国で最も繁栄していると思われるものの1つです。
 日本全土の山野に自生しますが、山に近くて少し自然度の高い所では、どこででも見られます。木曽路では国道沿いの法面などにも盛んに進出し、数キロにわたって延々と花を咲かせているのに出会うことがあります。日当たりの良い所を好みますが、かなり暗い林下でも普通に見られ強い適応力を感じさせます。

アキカラマツ
 アキカラマツの葉はキンポウゲ科独特の形状をしていて、何度か見るとすぐにその仲間だと見分けられるようになります。2~4回3出複葉という形なのですが、これは1つの葉がまず3枚の小さな葉に分かれ、さらにそれぞれが3枚に分かれると2回3出複葉、さらに分かれた小さな葉が3枚に分かれると3回3出複葉さらに3枚に分かれて4回3出複葉ということになります。一つ一つの小さな葉の大きさは1~3cmで楕円形にしばしば少数の切れ込みが入ります。蒔絵模様を思わせる美しい葉姿です。葉質は薄く、表面に蝋を塗ったようで水を弾きます。オダマキの葉をご存知ならあの感じです。

アキカラマツ
91KB - 600 x 632
アキカラマツ
 オダマキなどのように下部で葉を茂らせずに、葉を展開しながら茎を直立して成長し、夏の盛りには高さ1m以上に達した先から円錐状の花序を出し、初秋ごろに小さな花を多数咲かせます。
 本来は茅原に適応した植物らしく、背は高くなるのに全体は軟弱で寄りかかる物がないとこの時期には半分倒れ掛かって斜めに花茎を出している固体にしばしば出会います。
【“アキカラマツ”の続きを読む】

テーマ:野草の写真 - ジャンル:写真

カワラニンジン

カワラニンジン
サムネイル87KB - 600 x 430
 カワラニンジンという草の名をご存知でしょうか?よほど薬草や植物に関心がおありの方ならともかく、その名も姿も記憶にないという方がほとんどだと思います。
 ニンジンと名につきますが、ニンジンではなくキク科のヨモギの仲間の一年草です。草丈は1m以上になり花は小さく地味で全体の姿もしまりがなく美しいものではありません。平地の河原の水際に群生しますが、花があってもなくても見た目から関心を惹くような草ではなく、もっとも雑草らしい姿をした野草のひとつです。 【“カワラニンジン”の続きを読む】

テーマ:野草の写真 - ジャンル:写真

みつばふうろ 三つ葉風露 フウロソウ科


 フウロソウ科の野草には、華やかな花を咲かせるハクサンフウロやタチフウロ、薬草のゲンノショウコなどなどが良く知られていますが、その中で最もマイナーで、地味な印象の野草がこのミツバフウロになると思います。しかし少なくとも私にとってミツバフウロは、この仲間の中で最も魅力を感じる野草なのです。 
 
 花の大きさが約1cmとこの仲間で最も小さく、それに反して株全体はこの仲間で最も大きくなります。この仲間は地際から半ば茎が倒れた形で、這うように広がるのですが、ミツバフウロはしばしば木の幹をよじ登り、人の背丈の高さに達することもあります。そして分枝して盛んに葉を茂らせ、沢山の花を咲かせます。
 しばしば群生するため、花が咲くと遠くからでも良く目立ちます。しかし全体の特徴が似ているためゲンノショウコと混同されて見過ごされがちです。ミツバフウロといいますが、葉が5裂したものもあり、あまりあてになりません。葉先がとがるというのも、株の下の葉では丸いものもあります。生育場所もゲンノショウコと一部重なりますが、ミツバフウロの方は山地の路傍や林縁が分布の中心で、平地では滅多に見られません。

 ゲンノショウコとの見分け方は、花柄を比べるのが簡単です。下はゲンノショウコの花柄ですが、粘毛が密生していて触るとねばねばします。


対してミツバフウロは粘毛がなく粘らず、また折鶴の首のように折れ曲がります。


 画像や文章では差を表すのは難しいのですが、しかし現物を並べれば違いは一目瞭然です。ミツバフウロの方が、各パーツがそれぞれ繊細で、整って洗練された印象があります。
 派手さや可憐さでは他のフウロソウの仲間に一歩譲りますが、造形的に整った美しさでは随一だと思います。花色は変異が多く淡紅紫色から白まで幅がありますが、潤いと落ち着きを感じさせます。
 私はこの植物を仔細に観察するうちに、野の花特有の野趣と、洗練された佇まいを同時にもち合わせた不思議な魅力にすっかり心奪われてしまいました。
 
 昨年秋に種子を採り蒔きにしてみましたら、3月末から発芽が始まりました。その先の経験はないのですが、栽培自体は難しくないと思います。しかし大きくなる上に、あまり整った草姿で育たないので「やはり野に置け」の類かもしれません。とにかく挑戦してみます。
 水揚げが良ければ、切花にすることでその魅力を活かせると思うのですが、これも栽培が成功してからのお楽しみです。 
 
以上2005年3月30日投稿 【“みつばふうろ 三つ葉風露 フウロソウ科”の続きを読む】

テーマ:野草の写真 - ジャンル:写真

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。