ごまのはぐさのこまごまことのは

身近な野草についてあれこれと・・・。 日本の山野草を種子から育ててみませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ともえそう 巴草 オトギリソウ科

トモエソウ

 山地の林道沿いや茅原・湿地に自生し、真夏から初秋という登山シーズンに咲くオトギリソウの仲間です。まっすぐ伸びる主軸、半ばから上で枝分かれする草姿、質薄く蝋を葺いたようなような葉が対生するところなど、この仲間はどれも本当によく似ています。しかしこのトモエソウは、少なくとも花の時期には見間違えることはなさそうです。花は径4cmにもなり、草丈も50~120cmとこの仲間では特大です。

トモエソウ
 レモンイエローの花にはたくさんのおしべが目立ち、キンシバイによく似ています。めしべの部分はふくらみ先は5本に分かれています。このめしべの部分が後にどうなるか覚えていてください。

トモエソウ
 トモエソウの名の由来はスクリューの羽のような花弁の形によります。巴という字に似ていますね?
 巴という字はおたまじゃくしが円く回っているような紋章からできた文字で、2匹回っていると二つ巴、3匹回っていると三つ巴です。源義仲の伝説の愛妾巴は、この紋を愛用していたので巴御前と呼ばれた(つまり本名ではない)そうです。

トモエソウ
 このオトギリソウの仲間は葉やガク・花弁などに黒い線が入ったり、葉に白や黒・褐色の点が見られるものが多く、種の同定の決め手となりますが、トモエソウには黒点や黒線がなく、葉に明点という日にかざすと透ける点々だけが葉の中にまばらにあり、花がなくとも区別できます。

【“ともえそう 巴草 オトギリソウ科”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:植物の写真 - ジャンル:写真

みぞほおづき 溝酸漿 ゴマノハグサ科

ミゾホオヅキ

 ミゾホオヅキは、山里に見られる小さな野草です。初夏から咲く花の大きさは長さ1~1.5cmほど、葉もそれくらいの大きさです。姿がトレニアに似ていますが、ミムラスの仲間だそうです。
 ミゾと名前につくとおり、水のきれいな山里の用水路や、清水の染み出す溝端の苔のマットの中に浅く根を張って、這うように広がって生えています。人里近くにも多いのですが、汚れた環境では見たことがありません。明るい黄緑色の葉はやさしげで、キラキラと光る小川のせせらぎが良く似合います。
 真夏の太陽の照りつける昼下がりでも、ミゾホオヅキが群生して小さな葉に水滴を乗せて花を咲かせている所だけは、別世界のようにひんやりと涼しそうです。
【“みぞほおづき 溝酸漿 ゴマノハグサ科”の続きを読む】

テーマ:*野草/雑草* - ジャンル:写真

センニンソウ 仙人草 キンポウゲ科

センニンソウ

 クレマチスといえば普通、色とりどりの柔らかで美しいガクを優雅に開いたその要に、紫色のしべが美しい大輪のテッセンやカザグルマの交配種がまず思い出されることと思います。これらの系統は欧米でも盛んに新品種が創り出され、近年国内にも続々と導入されてクレマチスの人気は急上昇、今や園芸界でのつる草の代名詞の座は、アサガオからクレマチスに遷ったかのような有様です。
 そんなクレマチス人気の上昇によって、俄かに全世界に200種を超えるクレマチス属の原種への関心も高まり、日本に古くからの自生する仲間にも徐々に注目が集まるようになりました。このブログでもすでにクサボタン・ボタンヅルの2種を紹介しましたが、今回とりあげるセンニンソウはその中でも知る人ぞ知る名花だといえましょう。

【“センニンソウ 仙人草 キンポウゲ科”の続きを読む】

テーマ:野草の写真 - ジャンル:写真

やまおだまき 山苧環 キンポウゲ科

ヤマオダマキ

ヤマオダマキ

 花壇に植えられるオダマキといえば、少し以前までは青空のような色をした爽やかな印象の花を連想するのが普通でした。しかし俯き気味で咲く花は変異に乏しく、園芸界ではどちらかというと地味な存在でした。それが現在では海外から西洋オダマキ・カナダオダマキ等を基にした色とりどりの豪華フリフリの交配種が輸入されるようになり、その属名のアキレギアといえば今やスターの座に君臨していると言って過言ではないほどの人気を博しています。

 わざわざ『西洋』オダマキというからには、それに対する日本に自生する仲間の2種が古くから知られています。一つは高山に自生して清楚で可憐な青い花を咲かせる小さなミヤマオダマキで、これは花壇に植えられるオダマキの原種とされています。
 そしてもう一つが今回紹介させていただく、渋好みのヤマオダマキです。
【“やまおだまき 山苧環 キンポウゲ科”の続きを読む】

テーマ:野草の写真 - ジャンル:写真

ひおうぎ 桧扇 アヤメ科

こおにゆり 小鬼百合 ユリ科

こまつなぎ 駒つなぎ マメ科

かわらまつば 河原松葉 アカネ科

カワラマツバ
112KB - 500 x 404
 カワラマツバというのは、ちょっと座りの悪い感じの名前ですが、文字通り河原に多く生えて葉が松葉のように細いことから名付けられました。常緑で冬に葉だけを茂らせている様子はマツの苗に見えますが、縁もゆかりもないといってよいほど隔たった植物です。なんにしてもせめて草をつけてカワラマツバソウにしても良かったように思うのですが・・・。
 葉は何枚も輪になってつく輪生に見えますが、実際には2枚ずつの対生なのが一枚の葉に託葉というおまけの葉がいくつも付いているだけです。

カワラマツバ
102KB - 600 x 457
 外来種とイネ科植物が壮絶な死闘を繰り広げる大阪の淀川河川敷において、巧みに繁栄を維持している数少ない在来種です。といっても草原のようなところにはなく、堤防斜面のコンクリートの隙間の僅かな土の中に根を下ろして住み着いています。多肉植物ではありませんが乾燥と高熱への耐性は相当強く、真夏の炎天下でも真冬の乾いた寒風にもめげません。ただし多湿は好まないようで、実生株を庭の花壇に植えたところ元気をなくし駄目かと思っていたら、茎を伸ばしていつの間にか側溝のふたの隙間に移動して再びわさわさと茂り始めました。肥沃で広々した土地に植えたら喜ぶと思ったら、余計なお世話だったようです。

カワラマツバ
76KB - 400 x 563
 10?ほどの草丈で密生して越冬したカワラマツバは春になると成長を始め、初夏には小さな蕾をたわわにつけた円錐型の花穂を出して草丈30~80cmになります。
【“かわらまつば 河原松葉 アカネ科”の続きを読む】

テーマ:野草の写真 - ジャンル:写真

ウツボグサ 靫草 シソ科

ontakesan-5-29-030.jpg

うつぼぐさ
サムネイルです

ウツボグサシソ科ウツボグサ属の多年草。
 ウツボグサは高原や山地の草原、道端に多い多年草です。人里近くでも普通に見られ、日向の水はけの良いところを好みます。地上を這う茎を出して子株を作るためよく群生します。
 
 春の芽出し後しばらくは這うように広がって成長しますが、やがて茎が立ち上がって茎の先に長さ3~8cmの花穂をつくり2cm弱の紫色の花を咲かせます。ウツボグサの花が咲くとまもなく夏です。
うつぼぐさ4

【“ウツボグサ 靫草 シソ科”の続きを読む】

テーマ:野草の写真 - ジャンル:写真

ふしぐろせんのう 節黒仙翁 ナデシコ科

フシグロセンノウ

 おんたけでは八月に入り、一月足らずの短い夏が盛りを迎えると、道すがら橙色の花々が咲き揃い登山する人の目を惹くようになります。日向の路傍・荒地ではヤブカンゾウ、草原ではコオニユリ、そして木陰の藪にはフシグロセンノウの花が群れ咲きます。
 
 花は径4~5cm。カワラナデシコを全体に大柄にしたような草姿で、単独ではなよなよと頼りなく、直接風雨に晒されない林下か、半日陰の林縁で他の草が茂るのに寄りかかって育ちます。
 日差しの強い夏の日に、暗い木陰に浮かぶ花はただ美しいというだけでは言い表せない、不思議な印象を心に残します。 

フシグロセンノウ
【“ふしぐろせんのう 節黒仙翁 ナデシコ科”の続きを読む】

テーマ:野草の写真 - ジャンル:写真

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。