ごまのはぐさのこまごまことのは

身近な野草についてあれこれと・・・。 日本の山野草を種子から育ててみませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうして種子をお配りするかといいますと・・・ 一部改定

 まずは、ちょっと関係ないようですが・・・

 私たちは近代文明の発達で便利で豊かな生活を手に入れたと言われています。私たちが人生を楽しむために森を切り拓き、川をせき止めて護岸をコンクリートで固め、湿地は埋め立ててアスファルトを敷き詰め、山奥まで車道を作ってゴルフ場を作り、畑には農薬をまき、生き物を改造して家畜や野菜とし、邪魔な猛獣や役に立たない雑草は追い払い、カビやダニの類まで抹殺し、自分たちにとって都合の良い植物や動物と入れ替えてきました。
 その成果として私たちは、人類が誕生する以前からこの国に暮らし、共存してきた動植物や細菌の類にいたるまでその生態系を破壊し、大量に虐殺し、多くは完全に根絶し、さらに殆どを抹殺できそうな勢いです。人類のお気に入りの生物を除いて・・・。かろうじて生き残ったものは山や河原の隙間、あるいは動植物園に追い込んで囲い込み、人間が趣味で楽しむ「自然観察」に使うために残されることになるでしょう。

 人類はこの地球上の長い生命の歴史の中で生まれ、つかの間の繁栄の後には姿を消すことになります。かりそめにも地球の主などと言えるような存在ではありません。そんな人類が、人類の滅亡後まで修復不可能なほど、地球の自然環境を痛めつけてしまっていいのか、と思うのです。そしてそのような文明が、果たして優れた文明と呼ぶに値するのかと疑問に思うのです。
 そもそも私たちの文明と呼ばれるものを支える石油・石炭の化石燃料は、かつて繁栄した豊かな自然の残した遺物であることを思い出せば、私たちの文明の力が自然への過大な依存の上にかろうじて立脚していることは明らかです。

 人間のみならず、全ての生き物は環境や他の生物に対して影響や改変を加えることなく生きていくことはできません。特に自ら光合成できない動物の類は、植物に依存するパラサイトであり、植物を捕食し環境を破壊します。人間が畑を作ったり、家を建てたりするのは、アリが巣を作りキノコを栽培するのと何ら変わりはありません。しかしアリの場合はいくら繁栄しようと、自分たちの周りの生き物を根絶するような深刻な影響を与えることはまずありません。 
 そしてかつての人間の生活もそうでした。特にかつてこの国に暮した人間は、自然を改変し、利用しつつも決して過度に痛めつけることがないように、細心の配慮を払うことを忘れませんでした。そのため人類の贅沢は制限されましたが、代わりに豊かな自然が残りました。それどころか、絶えず人間の手入れがなされる人里近くでは、人類と共生する多様で豊かな生態系が育まれ、文明は破壊をもたらすが、配慮次第ではその後の再生でより豊かな発展を促すこともできる、という一つの証明ともなりました。

 百数十年前かつて西洋人によって「発見」されたこの国土はかつて地球上で最も美しい自然に恵まれた大地の一つだと賞賛されました。そして西洋文明と比較して日本文明が奇跡だと呼よばれたのは、洗練された文明が自然と互いに調和をとりながら豊かに発展しうるための偉大な知恵を育んでいたからでした。 
 最近は外来生物による在来生物の淘汰の問題が、よく話題として取り上げられるようになりました。多くの場合在来の生物は外来種より競争力が弱いのだとされています。ですが私は外来種の氾濫の原因はそのようなことではなく、日本人独自の自然観や価値観が急速に衰退し、偉大な知恵が失われつつあることが、人間の生活と共にあることでバランスを保ってきたこの国の自然・生態系に深刻な影響を与えているのだと感じています。当然その影響は人間自身にも跳ね返ってくることになります。

 私たちは道に生えた一本の草を抜くとき、ただのちっぽけな雑草一つだと思いさして気にもとめません。でも私たちだって、ただのちっぽけな一人の人間に過ぎません。しかしそれでいて、どちらも互いに大きく広がった自然の網の目の、繋がりの一部でもあるのです・・・。
 
 こちらでは、個性的な魅力をもつ日本の野草の種子を数種類無料でお譲りいたします。あなたも育て親となってお庭やベランダの片隅のほんの隙間にでも、安住の地を失いつつある日本の野草を育ててみませんか?

多くの生き物は私たちの行う開発によって住処を追われ、姿を消そうとしています。ナショナルトラストというのは、彼らのために住処を残すべく自生地の土地を買収して確保する方法です。わたしが種子をお配りするのは、皆さんのお庭を彼らのための「仮の宿」としてお貸し願いたいというものです。
 決して大げさな話ではありません。30センチ四方の小さな場所でも、直径5cmのポットでも十分ですし、もともとこの国に暮してきた植物ですから、栽培もさほど難しくないものがほとんどです。
 それらの野草はきっと我々が忘れつつある、四季の移ろい、草のにおい、田園の風景を思い出させてくれます。

 人は自然から生まれ、自然の中で発展してきました。草の匂いをかぎ、野の花を美しいと思い安らぐのは、自然な感情です。それがいまや多くの人はコンクリートやアスファルトに囲まれた中で生活し、草木や昆虫たちと触れ合うことが難しくなってきました。花も虫も動物も、お店で買ってくる時代です。私たちは虫を店で買うことにはまだ多少なりとも違和感をもつことが出来ます。しかし私たちの子供の世代ではそれが当たり前となってしまうかもしれません。

 IT技術の発展で私たちはいながらにして大量の情報や知識を得ることができるようになりました。私たちは珍しい外国の植物や高嶺の花、雑草の類までパソコンの画面を通して美しい画像を眺めることができます。これは知識が増すという意味では大変に素晴らしいことですが、かれらが「生き物」であることを忘れてしまわれるのではないかと心配してしまいます。
 一株の野草が小さな花を一つ咲かせるまでに、どのような紆余曲折を得ているか、そして花が散った後にはどのように実を結び枯れていくか・・・そこまでを知らないと、本当にその植物について何がしかを知ったということにはなりません。そしてそこまで知るためにはどうしても実物とじかに接しなければなりません。
 自然のものは自然の野山の中で接するのが最も望ましいといわれる方もおられるでしょう。しかしこれは殆どの人にとっては現実的には難しいのではないでしょうか?

 野草を庭で育てるということに、抵抗を感じる方もいられるかも知れません。しかし私は「ひとりひとりが正確で十分な情報と知識を得ることが最善の自然保護手段」という信念から逆に、積極的に野草の栽培を皆さんにお勧めするのです。
 野生植物を人間が栽培するのは自然の摂理に反すると言う方には、逆にお伺いしたいのですが、野生植物を人間の用に供するために作り変えて、自立不能な作物化することは、自然の摂理にかなうことなのでしょうか?園芸植物の一部が逃げ出して、多くの野生植物に影響を与えていることをどう思われますか?そしてなにより園芸植物と野生植物を分ける、根本的な違いとは何でしょうか?
 
ことさら種子からの栽培をお勧めするのは、

?種子から育てたほうが環境に馴染み易く、育てやすい。これは人間でも「三つ子の魂百まで」というように、どんな生き物でも幼年期の環境がその後の一生に強い影響を与えます。特に野生植物では発芽後は普通は移動できませんので、おとなの固体になってからでは順応に限界があり、うまく根付かないことも多いのです。

?実生増殖を普及させることで自生地からの「掘り取り」の抑制を期待できる。一部の野草については花や葉が美しい、あるいは希少であるために自生地から根こそぎ乱獲されて絶滅に瀕しつつあります。従来までの「山野草栽培家」も自生地からの掘り取りを山野草趣味の楽しみの柱の一つとしてきました。しかしこれは自生から数千の命の可能性を奪うことなり、これからは決して行われるべきでありません。

?流通・保管が低コストでできる。そのため互いに気軽にシェアしあえる。苗の形での交換は植物への負担が大きく失敗が多い。

?一から育てることで、より理解・愛着が湧く等のメリットがあるからです。

 なにも難しいことでなく、気楽に草花栽培を楽しんでいただければと思います。枯らしたって、失敗したっていいんです。どのようなものであれ、経験は知識となり、心の中には何かがのこるでしょうから…。

 どうかご理解・ご協力をお願いします。

 なお私がお譲りする種子の多くは、信州のある高原の私有地・開発予定地から種子を採取・増殖したものです。最近は一部趣旨に賛同いただいた方からの提供も頂いております。

ご意見・お問い合わせなどは、ホームページ雑草ちゃうで
をご参照の上meilにてお願いいたしますm(__)m。

以下2007年9月、これまで寄せられたご意見等への私の考えを追記
 「里親」「仮の宿」という言葉を使ったので誤解のないようにお願いしたいのですが、私がお譲りする野草を、自然に放すことは絶対に認めません。安易な植え戻しや、逸出によって自然にダメージが与えられる事例が数多くあることをご理解ください。

 野生植物の栽培・保護は公共機関や植物園・自然公園に任せ、一般人は生育すべきでないと言う極端な言い方をする方もいるようですが、自分の主張を通すために現実に合わない極論を言う人は、無知・無関心な人よりもなお認識の暗い人と言わざるを得ません。

 私がお譲りするした、たとえば信州産の野草が九州で逃げ出して、九州の近似種と交雑して遺伝子の地域特性が失われる恐れがあるから反対だ、という人がいらっしゃいます。こちらとしましては、そのような恐れがある場合は、種子をお譲りすることをとどめますし、逃がさないようにただひたすら注意喚起させていただいています。実際には逃げ出して問題が起こると言うのは、非常にまれなケースで、多くは無責任というより問題意識のないことから起こる事故だと思っています。認識が甘いと言う方もおられましょうが、人間を信じることができなければ何事も進めることはできません。それでも配布はすべきでない、とおっしゃられる方がいらっしゃいましたら、配布は終了するか、現在よりもっと限定的なものに変えようと考えています。ご意見のいただける方はお願いいたしますm(__)ml。

 野草栽培は人間のエゴであり、お前はマニアの欲望を充足するために山から植物の種子を拉致してきているだけだというご批判を受けたことがあります。
人間が美しいもの、珍しいもの、未知のものに興味を示し手元にとどめたいと思うのは、これは自然な欲求です。エゴや欲求を否定することは、人間性の否定に他なりませんし、不可能なことを強制して何の効果があるでしょうか?それにエゴや欲求といったものからたくさんの創造的な活動が生み出されているという大切なことを忘れてはなりません。
 HIVの蔓延を防ぐために禁欲を唱える人がいらっしゃいます。はたしてこれが本当に有効な対策となりえるでしょうか?

 自然・生命というものは、固定的なものではなく常に変化し流動しているものです。理想論で語られることが多い問題ですが、決して理想的な方法が実現することはありえないのです。魔法のようなベストな方法を議論することにも意味があるでしょうが、ベストではなくとも現実的に実現可能な方法を「いくつも」模索しつつ、よりベターな方法を考えて積み重ねていくことが重要なのではないでしょうか?私の種子配布が、そのお手伝いをできれば私は本望です。

 学者や専門家に任せればいいとお考えの皆さん、学者や専門家とは、いわば地図職人で、役人は地図の出版者のようなものです。地図を使ってどこにたどり着くか、どんな世界を作り上げるのかを決めるのは、私たちです。
スポンサーサイト

コメント

納得しました

私ども素人には この上ない 説得でしょう ご苦労に 頭が下がります
種子からの栽培 の勧め 一・二・三・四 で 十分でしょう 納得しました。

  • 2006/02/02(木) 20:01:20 |
  • URL |
  • y-san3737 #-
  • [ 編集 ]

y-sanさん

野草は栽培が難しいという誤解があるのですが、
種子から育てれば楽に育つものが殆どですね。
y-sanさんのブログからもから沢山勉強させていただいています。
y-sanさんのお庭でも沢山芽が出るといいですね。

  • 2006/02/04(土) 08:29:47 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #-
  • [ 編集 ]

野草の種

ごまのはぐささんのお考え よく解りました。
「野の花に親しむことから自然の大切さを思う心を育ててほしい」
というところ とても共感いたします。
私も道端に咲く可憐なスミレを見つけたときから、その道に入っていったように思い出します。
子供の頃はなにげなく目にしていたものが、大人になって探してもなかなか見つからない時は
愛しくてしかたなかったです。
観察する気持ちをを取り戻して、ようやく少しづつ見つけることが出来るようになりました。
貴重な野の花の種 大切に育てていきます。

なんて いいながら・・・・
まだ蒔いてなかった種が沢山!早く蒔かなきゃダメなんですね。
年末に頂いたもの急ぎとりかかります。
私は 園芸種の花と同じように思って 暖かくなったら蒔こうとばかりしていました。v-22

  • 2006/02/04(土) 11:35:39 |
  • URL |
  • 森みかん #lJ6.ovOo
  • [ 編集 ]

この記事を紹介させていただきました。

どうぞご了承くださいませ~♪

  • 2006/02/05(日) 09:18:09 |
  • URL |
  • ひろりん #pYrWfDco
  • [ 編集 ]

森みかんさん

>「野の花に親しむことから自然の大切さを思う心を育ててほしい」
そうです!!。色々書きましたがそのことを言いたかったんです!!
ありがとうございますm(__)m。

種子蒔きは・・・、どうぞマイペースでなさってください。
蒔くのを忘れても、水遣りを忘れて枯れちゃっても、
「来年また貰ってやりなおそう」ってな感じで
続けていただければ・・・と思っています。
私自身、相当怠け者だし、失敗ばかりしていますので、
まったく偉そうなことは言えないのです(^^ゞ。

  • 2006/02/06(月) 00:22:52 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #-
  • [ 編集 ]

ひろりんさん

ご無沙汰してしまっていますm(__)m。
ご紹介ありがとうございまするm(__)m。
自分の考えを説明するってのは、とっても難しいですねー。
私も書いていて何が言いたいのか、全然まとまっていませんが、
なんとなく感じで察していただければ・・・と思っています(^^ゞ。


  • 2006/02/06(月) 00:38:54 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #-
  • [ 編集 ]

先週末に全ての種を蒔き終えました。
あとは春を待ち遠しく思うばかりです。

昨年中に発芽させてしまったものも、
乾燥・凍結の困難を乗り越えて、冬越しできました。
苛酷な環境のせいで芽が赤みを帯び、なかなか逞しい風貌となりました。
丈夫に育ってくれそうです。

  • 2006/02/17(金) 08:01:00 |
  • URL |
  • 千鳥屋 #-
  • [ 編集 ]

春なんですね~♪

わけていただいた種が、次々と芽が出てきて、とっても嬉しいです。
早くに芽を出していた何種類かは、枯れそうになったりしたものもありましたが、
全滅かとガッカリさせておいて、なんと、枯葉の隙間から、
しっかりとした葉が出てきて、ホッとさせてくれました。
まだ芽が出てこないのもありますが、芽が出てきたものは、ちゃんと育っていっています。
これから、ぐんぐんと成長しそうな予感がして、とても嬉しいです。

  • 2006/03/07(火) 23:19:43 |
  • URL |
  • ひろりん #pYrWfDco
  • [ 編集 ]

開花第1号

第1号は、ルリハコベでした!
ふと気付いたら蕾がついていて、昨日、みごとに開花しました。
うれしいです。
TBさせていただきます。

  • 2006/03/09(木) 00:21:25 |
  • URL |
  • noel #z6XohUmo
  • [ 編集 ]

こちらでよろしいのでしょうか...

年末から忙しさが度を超してまして、ずいぶんとご無沙汰しておりますです。

こちらも今朝方開花しましたルリハコベ。
なぜか真冬に芽が出たもやしの方ですが...成長早い?
秋発芽のは葉は分厚いですが背は低くまだ開花はほど遠そうでし
また、今朝タニタデの双子発芽とか確認しました

今のところ頂いた中で14/26(枯:1 未発芽:5 未蒔:7)位です。
寄生ものって時期的にそろそろでしょうか?
思ったよりhostになりそうな株が育ってなかったり...

  • 2006/03/09(木) 23:18:01 |
  • URL |
  • hakase #-
  • [ 編集 ]

お元気ですか

ごまのはぐささん ご無沙汰です、ユウスゲ・カリガネソウ、バッチリ新芽でています。ボタンヅル越冬 植替え後新芽もでて元気です、開花報告 楽しみです。

  • 2006/03/22(水) 16:49:01 |
  • URL |
  • y-san3737 #-
  • [ 編集 ]

ぞろぞろ

ヒメウズの鉢に蒔いたコシオガマが発芽しました。(1週間)
発芽率は妙にいいみたいで、ぞろぞろ出てきてます。
ルリハコベはもう、実がばりばりできつつあります。

  • 2006/03/23(木) 21:37:03 |
  • URL |
  • hakase #-
  • [ 編集 ]

ご無沙汰しております

ご無沙汰しております。
今年もルリハコベと会えました。
TBどちらが良いか迷いましたが・・・とりあえずこちらで報告です。

この子 太陽大好きですね。
太陽があると めいっぱい花弁をそっくり返るほど広げて、太陽がなくなるとショボンと閉じて・・・
551のある日と無い日みたいです。

  • 2006/04/06(木) 23:19:04 |
  • URL |
  • ロゼット #vvsIGHJo
  • [ 編集 ]

ごまさーん

芽が一気にいっぱいでました。
ムベとゴキズルも芽が出そうです。

  • 2006/04/09(日) 12:24:52 |
  • URL |
  • ひろりん #pYrWfDco
  • [ 編集 ]

発芽しました。

大変ご無沙汰しております。
今年は天候の変化が多かったためか、発芽が遅れているように思いました。
たくさんの種を戴いておきながら、何のご報告もせず申し訳ありませんでした。
遅ればせながら発芽の報告です。

          播種日     発芽確認日
ウシタキソウ   2005.10.06 2006.04.10
ミズタマソウ   2005.10.06 2005.03.13
オウレン     2005.06.09 2006.03.19
ツルキケマン   2005.10.06 2006.04.06 2本
ミゾコウジュ   2005.06.09 2005.07.02 大きく育っている。
ナンバンハコベ  2005.10.06 2006.03.11
オオヤマハコベ  2005.10.06 2006.03.11
ミミナグサ    2005.06.20 2005.09.07 蕾をあげている。
ワチガイソウ   2005.06.20 2006.03.19
ミツモトソウ   2005.10.06 2006.03.17
オニルリソウ   2005.10.06 2005.10.18
ニッコウネコノメ 2005.06.20 2005.09.30、2006.03.24
ヤマネコノメ   2005.06.09 2005.10.05

ヒナギキョウ  2005.06.09 芽生えない。

発芽本数の少ないものもありますので、花を見られる日を楽しみに大切に育てたいと思っております。
花が咲きましたらまたご報告させていただきます。
いろいろと有難うございました。

ご無沙汰しています! すぅです!

ごまのはぐささん

すっかり春になりました。こちらでもようやく桜が満開です。
さて、種子の配布を通じて、自然界へのホスピタリティー精神に
深く感動しています。
私も植物を愛する人間として、もっと真摯になろうって・・・。
私などはどうしても華やかなハイブリッド種などに、目を奪われがちなので
恥ずかしくなってしまいます。

メールありがとうございました

自然の花は心をなごませてくれます
私も自然が大好きです
奈良と大阪の県境にある金剛山、葛城山には良く行きます。

私はノカンゾウの花を持っています
ノカンゾウも奈良では自生している事が少なくなりました
もし宜しければお送り致しますけど如何ですか?
花は貧血、根は肝臓に効くと言われているらしいです。

  • 2006/05/02(火) 05:34:05 |
  • URL |
  • yosio #HgJ.WCGA
  • [ 編集 ]

只今発芽中です♪

野草が好きで育てたかったのですが、種がなかなか手に入りませんでした。
友人からごまのはぐさ様の事を教えていただけてとてもラッキーでした。発芽して小さな鉢で大きくなっているケナツノタムラソウ、アキノタムラソウ、テングクワガタ、オオビランジを見ていると元気が出ます。

もう少し種の追加が欲しくてメールいたしましたm(__)m 喜びを分けてくださり本当に有難うございます。

この記事の意味を

私たち大人たちだけではなく、私たち以上に温暖化、
自然破壊の脅威にさらされるかもしれない
次世代の子供たちに伝えていきたいと思いますし、
ごまのはぐささんから送っていただいた種子を
我が家の小さなベランダで育てることによって、
まだ頭の柔軟な彼らには、言葉で示すことよりも、
大切な大きな意味が自然に伝わっているようです。
重ねてありがとうございました。
もうじき、シデシャジンが咲きそうです。

  • 2007/09/30(日) 22:49:23 |
  • URL |
  • 玲子 #-
  • [ 編集 ]

遺伝子の交雑?

ゴマノハグサさん、こんにちは。クソニンジンはもう直ぐ種が熟しそうです。

ところで
>たとえば信州産の野草が九州で逃げ出して、九州の近似種と交雑して
>遺伝子の地域特性が失われる恐れがあるから反対だ
とは随分極端な意見ですね。でもまったく的外れともいえない・・・?

国立公園内の標高の高いところで、自動車道路沿いに明らかに下界から進出してきた植物によく出会います。コウリンタンポポとか大概外来の植物ですね。道路の新しい環境に適応し易いからでしょう。
高山では自然環境が厳しく、長期的には新参者の植物が繁栄できるかは怪しいですが、種を人間が下界から運んでいるのは間違いないでしょう。人か自動車に付着しているんじゃないかなあ。

種での拡散による交雑を心配するなら、個人の細々とした栽培よりも道路交通網による拡散の方が遥かに早く破壊的でしょう。
野生種の種の拡散を研究している人がいるかどうか知りませんが、既にかなり進行してるのではないかなあ。

一方、花粉による遺伝子の拡散を心配するのは、都会では杞憂でしょう。
我が庭にはタコノアシ、ハナシノブ、アキノキリンソウ、シナノオトギリ、シナノナデシコ、ヤマハハコ、アポイギキョウなどの野草が花をつけていますが、これらの植物が我が家の周囲10kmに自生していたらビックリです。花粉の拡散を心配しても相方がいないわけです。アキノキリンソウなどは咲いていてもおかしくありませんが、既にセイタカアワダチソウに生活圏を奪われています。

もし私が九州のハナシノブの自生の隣に住んでいるのなら、他所からもってきたハナシノブ類の栽培は控えるでしょう。ハナシノブは種間交雑し易いといいますから。でも都市の生活ではそんな心配は無用でしょう。

先の一見「極端な意見」の方はもしかすると周囲に在来種の野草がまだ健在な地域にお住まいなのかも知れません。そんな恵まれた環境では、他所の野草を植えなくてもよいでしょう。土地の野草を植えることができます。

あ~都市部では願ってもできない贅沢です。
都会で野草を栽培しても環境保護にも環境破壊にも直接は繋がらないと思いますが、日本の自然を理解する役には立つと思っています。

  • 2007/10/08(月) 12:11:25 |
  • URL |
  • 三太郎 #SFo5/nok
  • [ 編集 ]

皆様、コメント・トラックバックをありがとうございます。
お返事差し上げずごめんなさい。
私自身のスタンスに本当に悩んでいまして
なかなか言葉を発せられないでいます。

私が皆さんにお渡しした種子が
知識でも・思い出でも
次の世代に何かを残せるとしたら
それは非常に有意義なことと考えています。

野草の逸出野生化や交雑は、残念ながら(?)
めったに起こることではありません。
人為的な作為があれば別ですが。
本当に深刻なのは反対に
個体数や自生地が少なくなりすぎて
遺伝的多様性どころか
近親交配による種の劣化が進行していることだと思います。

実際に育てていただければ多くの誤解は解けると思うのです。
そしてたくさんのことを学び・感じられると思うのです。

ただ残念ながら、野草園芸=盗掘=自然破壊というイメージが
あまりにも濃厚に定着していまして
入り口の時点で拒絶される方も多くいらっしゃいます。
種子の提供を通じて、種子からの栽培を定着させて、
なんとかこのイメージを払拭できればと願っています。

皆様のご理解ご協力をお願いいたしますm(__)m。

  • 2007/10/09(火) 23:58:02 |
  • URL |
  • ごまのはぐさ #ciZ.EuIc
  • [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2010/01/27(水) 20:52:16 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2010/10/14(木) 12:06:52 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomanohagusa.blog10.fc2.com/tb.php/157-109cb5cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

開花報告 第1弾

ごまのはぐささんから分けていただいた種子のうち、昨年9月初めに播いたルリハコベ(サクラソウ科)が開花しました!!!(_≧Д≦)ノ彡☆記念すべき、開花第1号です。野原に咲いていたら見過ごしてしまいそうな小さな花ですが、きれいな瑠璃色ですねえ。正面からばかりでな

  • 2006/03/09(木) 00:22:58 |
  • 荒れ庭の花たち

ルリハコベ 今年も開花!

ごまのはぐささんから種子分譲していただいたルリハコベが今年も開花しました。ルリハコベ(サクラソウ科ルリハコベ属)お天気が良いと瑠璃色の小さな花弁を反り返るほど開かせ

  • 2006/04/06(木) 23:10:57 |
  • ロゼットさんのつれづれ日記

ノアザミ

ごまのはぐささんから野草のタネをいただいて育てています。(大きな声ではいえませんが)失敗したものもありますが,それなりに順調に育っています。その中の一番手としてノアザミの花が咲きました。可愛い花なのに葉の先が尖っており触れると痛くて簡単には触らせないぞと

  • 2006/05/29(月) 21:48:34 |
  • はなだより

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。